Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する – ASP.NET編 [SSRS with Bing Maps #9]

おはようございます。
佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

ついに連載の最終回を迎えました。(目次はこちら)
前回に引き続きReporting Servicesのレポートをアプリに組み込みます。

参考. Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する
参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NETからSSRSのレポートを利用する← 今回
参考. Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する
– Web.configの設定 –

ASP.NETのサイトにReportViewerを組み込むためにはまずWeb.configを編集します。
下記の項目を追加してください。

<system.web>
  <compilation debug="true" targetFramework="4.0">
    <assemblies>
      <add assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=B03F5F7F11D50A3A"/>
      <add assembly="Microsoft.ReportViewer.Common, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=B03F5F7F11D50A3A"/>
    </assemblies>
  </compilation>
  <pages>
    <controls>
      <add tagPrefix="rsweb" namespace="Microsoft.Reporting.WebForms" assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
    </controls>
  </pages>
  <httpHandlers>
    <add verb="*" path="Reserved.ReportViewerWebControl.axd" type = "Microsoft.Reporting.WebForms.HttpHandler, Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
  </httpHandlers>
 </system.web>
– ReportViewerの配置 –

次にレポートを表示させるページにReportViewerを配置します。
ReportViewerにはReportServerのURLと表示させたいReportのパスを設定してください。
Visual Studio 2010のReportViewerコントロールはAJAX対応のコントロールに変更されたので、
ScriptManagerも一緒に配置する必要があります。

Read More

Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する – Windows Forms編 [SSRS with Bing Maps #8]

おはようございます。
佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

前回はシェープファイルを扱いました。

・Web上のデータをSSISでSQLServerに取り込む
・データをReportingServicesを使って可視化する

ここまで進みましたので、次はレポートをWindows Formsに組み込みます。(連載の目次はこちら)

参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する
参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する← 今回
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する
参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する
参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
– レポートをReporting Servicesに配置する –

SSRSではReportManagerを使ってレポートを管理します。

ReportManager

まずはここに作成したレポートを配置しましょう。
配置操作はこれまで使ってきたBIDSで行います。

Read More

Reporting ServicesでShapefileを利用したレポートを作成する [SSRS with Bing Maps #7]

大変ご無沙汰しております。
佐久間です。

前回のBing Mapsとの連携から半年。
この間社内向けの情報発信の場を立ち上げたりと”中”の仕組み作りに注力していました。
それが軌道に乗り始めたので”外”の情報発信を再開します。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

第7回目はシェープファイルにデータをマッピングします。(連載の目次はこちら)

3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
3-1. Bingとの連携
 3-1-1. データソースの設定とチューニング
 3-1-2. レポートの作成

3-2. シェープファイルへのマッピング ← 今回

参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する

参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する
3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
 3-2. シェープファイルへのマッピング
– シェープファイルの準備 –

シェープファイルとは地理情報システム (GIS)で標準的に用いられるファイル形式です。
この記事ではこちらで配布されている日本地図のシェープ ファイルを使用しています。

ShapeFile

上記にて別途配布されているMapBrowserでダウンロードしたファイルを開くと地図が表示されます。

MapBrowser

画像下部のグリッドは都道府県毎に設定された属性情報です。
今回はデータ中の都道府県IDをシェープファイルにマッピングしたいので属性「ID_1」を書き換えます。
しかし残念なことに、このMapBrowserには編集機能がありません。
代わりにMS Accessを使って「*.dbf」ファイル(DBase 形式)を開くと属性値を変更できます。

シェープファイルの編集

都道府県マスタのIDですべて書き換えたらもう一度MapBrowserで開いてみましょう。
「ID_1」が書き換わっていれば下準備完了です。

編集後の属性情報

Read More

JSのゲームライブラリ enchant.js でゲーム作成 [パワーランチ]

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
本年もネスケラボをよろしくお願い致します。

さて、今月より正式に社内勉強会が復活しました。

enchant.js
enchant.js公式サイト

第1回のテーマは 「JSのゲームライブラリ enchant.js でゲーム作成」
スピーカーは弊社社員の小山です。

第1回勉強会 「JSのゲームライブラリ enchant.js でゲーム作成」

第1回勉強会 「JSのゲームライブラリ enchant.js でゲーム作成」

2011年04月にリリースされたHTML5 + JavaScript ベースのゲームエンジン「enchant.js」について
簡単なサンプルの実装を交えながら解説してもらいました。
enchant.js

enchant.js

公式サイトからenchant.jsのファイルを1つダウンロードしてきて読み込むだけで
下記のようなUIがほんの半日程度で作れるとのこと。これは生産性高い!

オセロのUI

オセロのUI

Read More

Reporting ServicesでBing Mapsと連携したレポートを作成する – レポートの作成 [SSRS with Bing Maps #6]

こんばんは。佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

第6回目はレポートを作成してBing Mapsと連携させます。
(目次はこちら)

3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
3-1. Bingとの連携
 3-1-1. データソースの設定とチューニング
 3-1-2. レポートの作成 ← 今回

3-2. シェープファイルへのマッピング

参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する

参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する

 
3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services

3-1. Bingとの連携
– レポートの作成 —

前回に引き続きBusiness Intelligence Development Studioで作業を行います。

ソリューションエクスプローラー内のレポートを右クリックし、
表示される「追加」メニューの中から「新しい項目」を選択してください。
表示されるウィザードに従いレポートのファイル名を入力すると空のレポートが作成されます。

新しい項目

新しい項目の追加

新しいレポート

Read More

Reporting ServicesでBing Mapsと連携したレポートを作成する – データソースの設定とチューニング [SSRS with Bing Maps #5]

おはようございます。佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

前回まででWeb上のHTMLからデータを抽出し、レポートで使用する形に変換するところまで完了しました。
第5回目はBing Mapsと連携した地図レポートの作成に取り掛かります。
(目次はこちら)

3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
3-1. Bingとの連携
 3-1-1. データソースの設定とチューニング ← 今回
 3-1-2. レポートの作成

3-2. シェープファイルへのマッピング

参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する

参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する

 
3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services

3-1. Bingとの連携
3-1-1. データソースの設定とチューニング

今回はReporting Servicesのレポートを作成します。
まずはBIDS上でこれまで使ってきたSSISのプロジェクトにレポートサーバープロジェクトを追加しましょう。

– レポートサーバープロジェクトの作成 –

・新しいプロジェクトを追加します。

新しいプロジェクトを追加

Read More

Integration Servicesでデータのロードとインデックスの再構築を行う [SSRS with Bing Maps #4]

こんばんは。佐久間です。
半月ぶりの更新です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

第4回目は変換処理済みのWorkテーブルのデータでレポート用のテーブルを満たします。
(目次はこちら)

2. データを取得・加工する:Integration Services

2-1. 抽出(Extract)
 2-1-1 HTMLからデータを抽出してTSVを作成する
 2-1-2 ワークテーブルを空にする
 2-1-3 TSVからSQL Serverへデータをインポートする
 
2-2. 変換(Transform)
 2-2-1 都道府県IDを付与する
 2-2-2 最大震度IDを付与する
 2-2-3 座標データをGeography型に変換する
 
2-3. ロード(Load) ←今回
 2-3-1 インデックスを無効化する
 2-3-2 ワークテーブルのデータでレポート用テーブルのデータを洗い替える
 2-3-3 インデックスを再構築する

 
[ロード(Load)]
 
2-3-1 インデックスを無効化する

Workテーブルからデータをロードする前にまずインデックスを無効化します。
もちろん無効化しなくてもデータのロードは可能ですが、
インデックスが有効な状態でのInsertには多少コストがかかるので一時的に無効化しておきます。

処理の実行は毎度おなじみSQL実行タスクです。

SQL実行タスク

ストアドはこちら。

CREATE PROCEDURE dbo.DisableIndexes
AS
BEGIN
  SET NOCOUNT ON;
  -- TODO:インデックスの無効化
END

今はまだ無効化する非クラスタ化インデックスを作成していないのでTODOのみです。
対象となるインデックスはレポートのデータを取得するSQLを書く時に作成しますが、
SSISのタスクに予めストアドを仕込んでおけばストアドを更新するだけで処理を補完できるようになります。

Read More

Integration Servicesでデータ変換処理を制御する [SSRS with Bing Maps #3]

こんばんは。佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

第3回目はWorkテーブルのデータに対する付加情報の追加とデータ変換処理を行います。
(目次はこちら)

 
2. データを取得・加工する:Integration Services

2-1. 抽出(Extract)
 2-1-1 HTMLからデータを抽出してTSVを作成する
 2-1-2 ワークテーブルを空にする
 2-1-3 TSVからSQL Serverへデータをインポートする
 
2-2. 変換(Transform) ←今回
 2-2-1 都道府県IDを付与する
 2-2-2 最大震度IDを付与する
 2-2-3 座標データをGeography型に変換する
 
2-3. ロード(Load)
 2-3-1 インデックスを無効化する
 2-3-2 ワークテーブルのデータでレポート用テーブルのデータを洗い替える
 2-3-3 インデックスを再構築する

 
[変換(Transform)]
 
2-2-1 都道府県IDを付与する

まずは震源データと都道府県の紐付けを行います。
ここでの紐付け判定は震源が都道府県名で始まっているかどうかです。
都道府県名で始まっていない震源についてはすべて不明扱いになってしまいますが、
データの可視化手段を公開することが主目的なので割愛します。
※より精度の高いデータにするためには名寄せ処理が必要です。

紐付け処理は前回も使用したSQL実行タスクで行います。
ストアドは下記の通り。
都道府県マスタのデータを利用してIDを設定します。

    CREATE PROCEDURE dbo.Set都道府県ID
AS
BEGIN
    UPDATE dbo.Work
    SET 都道府県ID =
        CASE WHEN 都道府県マスタ.都道府県ID is null
            THEN 99
            ELSE 都道府県マスタ.都道府県ID
        END

    FROM dbo.Work
    LEFT OUTER JOIN dbo.都道府県マスタ
    ON Work.震源 LIKE 都道府県マスタ.都道府県名 + '%'
END

Read More

<<前のエントリー

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS

著者

データベースの中のデータはその企業の財産のはず。
しかし現実にはユーザー自身が自由に見れないことが多い。

データを未来のために活かせる状態にすることを求めるエンジニアです。
「sakuma」さんの全ポストを読む