TDDに関する記事のリンク集

こんにちは、青木です。

これは、TDD Advent Calendar jp: 2011の12/24分のエントリーです。
前日は@irasallyさんのエントリ「職業プログラマに贈るTDDのススメ」です。
翌日は@biacさんのエントリ「TDD とアジャイルを支えるバックボーン」です。


このエントリーではTDD(テスト駆動開発)に関する記事を、一覧に整理しています。

TDDには素晴らしい記事が多く、100を超えるリンク集になっています。
そこで目的に近い記事を探しやすいように、大まかな区分で分類して、内容について簡単なコメントを追記しました。また、昔の記事か最近の記事かわかるように掲載年月も記載しました。

TDDを学ぶときにこのリンク集が役立てば幸いです。


TDDとは

  • [動画で解説]和田卓人の“テスト駆動開発”講座(Gihyo.jp)
  • TDDBCの前にTDDについて知っておいてもらいたい3つのこと(slideshare)
  • スはスペックのス~RSpecによるテスト駆動開発の実演~

チュートリアル・トレーニング

Read More

F#でWindows AzureのWorkerRoleを動かしてみる

こんにちは。青木です。

この投稿はF# Advent Calendar 2011の12/22エントリです。

←前回 @zecl F# Implementation of BackPropagation Neural Network for Pattern Recognition(LifeGame)

10月のイベントでMSとMVPの方にF#の良さを色々と教えてもらいました。
また、豆蔵の方から関数型言語の話を聞く機会が増えてきました。

そんなこともあり、関数型言語F#とMicrosoftのクラウドであるAzureを組み合わせたアプリケーション構築にチャレンジしてみました。

作成するアプリケーションの内容

作成するアプリケーションはWindows AzureのWorkerRoleです。WorkerRoleは、アプリケーションサーバー的な役割を果たします。
実装する処理は、AzureのQueueストレージにデータが存在すればメッセージを取り出し、その値をTableストレージに登録します。そして登録が終了すればQueueからメッセージを削除します。

それでは実装手順を見ていきましょう。

新しいプロジェクトの作成

まず、VisualStudio 2010を立ち上げ、新規のクラウドアプリケーションの作成を選択します。表示されたダイアログからF#のWorkerRoleを選択します。

F#プロジェクト作成画面

OKを押すと、F#のWorkerRoleプロジェクトが作成されます。

Read More

パワーランチを開催しました

以前、ネクストスケープでは社員が集まって勉強会をしていましたが、久しく行われていませんでした。そこでまた勉強会を復活させよう!ということで勉強会を開催しました。
どんなダンドリでやっていこうか迷走しながらも、まずは試しにやってみようというのが今回の第0回です。
勉強会はパワーランチ形式をとり、スピーカーはこのネスケラボで記事連載している佐久間氏にお願いしました。
テーマは「SQL ServerのレポーティングサービスとBingMap」
勉強会のシミュレーションを兼ねて、地図レポートを作成する方法を紹介してもらいました(連載中の記事はこちら)。
気象庁のサイトで公開されているページのHTMLからデータを抽出・変換してレポートのデータソースにするところから、実際に地図レポートを作成するまでを流れにそって解説してもらいました。
パワーランチの様子

パワーランチの様子

写真ではわかりにくいですが、参加者の人は昼食をとりながら和気あいあいと聞いています。

データソースから地図レポートを作成するデモ

データソースから地図レポートを作成するデモ

実際にその場で、ぱっと地図レポートを作成して見せてくれました。すごいですね!

で、今回のテーマであるレポーティングサービスとBingMapの連携は、

BingMapとの連携させる

BingMapとの連携させる

地図レポートの設定で、「BingMapのレイヤーを追加する」にチェックをつけるだけでした。便利すぎてびっくりです。

終わりに

今回は第0回ということで模擬的な位置づけでしたが、今後定期開催するにあたりいろいろ収穫がありました。

次回以降のパワーランチについても記事にしていきたいと思います。

Read More

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS