Reporting ServicesでShapefileを利用したレポートを作成する [SSRS with Bing Maps #7]

大変ご無沙汰しております。
佐久間です。

前回のBing Mapsとの連携から半年。
この間社内向けの情報発信の場を立ち上げたりと”中”の仕組み作りに注力していました。
それが軌道に乗り始めたので”外”の情報発信を再開します。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

第7回目はシェープファイルにデータをマッピングします。(連載の目次はこちら)

3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
3-1. Bingとの連携
 3-1-1. データソースの設定とチューニング
 3-1-2. レポートの作成

3-2. シェープファイルへのマッピング ← 今回

参考. Windows FormsやASP.NetからSSRSのレポートを利用する

参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する
3. データを表示するレポートを作成する:Reporting Services
 3-2. シェープファイルへのマッピング
– シェープファイルの準備 –

シェープファイルとは地理情報システム (GIS)で標準的に用いられるファイル形式です。
この記事ではこちらで配布されている日本地図のシェープ ファイルを使用しています。

ShapeFile

上記にて別途配布されているMapBrowserでダウンロードしたファイルを開くと地図が表示されます。

MapBrowser

画像下部のグリッドは都道府県毎に設定された属性情報です。
今回はデータ中の都道府県IDをシェープファイルにマッピングしたいので属性「ID_1」を書き換えます。
しかし残念なことに、このMapBrowserには編集機能がありません。
代わりにMS Accessを使って「*.dbf」ファイル(DBase 形式)を開くと属性値を変更できます。

シェープファイルの編集

都道府県マスタのIDですべて書き換えたらもう一度MapBrowserで開いてみましょう。
「ID_1」が書き換わっていれば下準備完了です。

編集後の属性情報

Read More

情報処理技術者試験の補助制度

こんにちは。大塚です。

弊社には、情報処理技術者試験を合格した時に補助金が支払われる制度があります。

受験や参考書程度の費用を合格時に受給することができます。

この制度は、情報処理技術者試験を受験するきっかけを作り
自己啓発のモチベーションを向上してもらいたいということではじまりました。

試験を通して、担当業務以外の知識を身に付けIT技術者としての視野を広げることができます。
また、合格すれば能力を客観的に示すことができます。

このような制度は自分のキャリアアップのために、どんどん利用したいものですね。

Read More

デュアルモニタで作業が捗ります

こんにちは。
大塚です。

会社の便利なところをひとつご紹介したいと思います。

オフィスではデスクに デュアルモニタが用意されています。
デュアルモニタ

デュアルモニタだと作業のために使える領域が広がり、
片方のモニタにエディタを、もう一方のモニタにExcelを表示するといったことが出来るようになります。
シングルモニタでは見比べたいふたつの画面を切り替える操作が必要ですが
視線を移動するだけで両画面を見ることが出来ます。

画面を見比べることが必要な作業が捗ります。具体的な使い方はアイディア次第で色々ありそうです。

デュアルモニタに慣れると、シングルモニタに戻りたくなくなるというのが、難点と言えば難点ですね。

Read More

トスラブ箱根 和奏林 (ITS保養施設)

こんにちは。広報担当です。
弊社社員が「関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)」の保養施設「トスラブ箱根 和奏林」を利用してきたので、その写真をご紹介します。
箱根湯本からバスで30分ほどのところにあります。
1
和奏林と書いています。

Read More

WebViewを使ったスマホアプリ開発[パワーランチ]

こんにちは。
大塚です。

今月もパワーランチ(勉強会)が開催されました。
今回のテーマは「WebViewを使ったスマホアプリ開発」 でした。
スピーカーはシステム開発本部の坂本です。

WebViewとはWebサイトを表示させるための領域(クラス)です。
まず、Webアプリとネイティブアプリのそれぞれの開発のメリット、デメリットについて説明がありました。

WebViewを利用すると、Webアプリの、HTML5やCSS3、JavaScriptなどの技術を使用した表現やデザインが可能で、
ネイティブアプリの、カメラやGPSなどのネイティブのデバイスを利用しやすいというメリットが得られるということです。

WebViewを使うことで、オンラインヘルプなどのWebを簡単にネイティブアプリ内で表示することができるそうです。
また、アプリ自体をアップデートせずともWebコンテンツだけを差し替えれば微調整できるというメリットがあります。

実際にWebViewを使ったアプリを動かすデモが行われました。
iPhoneシミュレータの画面の、黒枠のメニューがネイティブの機能で中に表示されている部分がWebになっています。
iPhoneシミュレータの画面

Webアプリとネイティブアプリの両方に詳しくなくても相互連携をとるアプリが開発しやすくなるこの仕組みを
私もアプリ開発の際に積極的に利用したいと思いました。

下記のURLに今回の勉強会で使用した資料が閲覧できますので、ぜひ御覧ください。

・WebViewを使用した スマホアプリ開発
http://dskmt.sakura.ne.jp/nextscape/20120511/

Read More

いい椅子

こんにちは。大塚です。

会社の良いところをひとつご紹介したいと思います。

オフィスで使用している椅子は岡村製作所のBaronという高機能チェアです。
岡村製作所のBaron

フレームにメッシュ素材が貼り付けられており、長く座っても疲れにくい構造になっています。
座面の高さ、リクライニング角度の調整機能に加え
リクライニングの強弱、肘掛けの高さ、座面の前後スライドといった調整ができ
高いカスタマイズ性があります。
長時間に及ぶプログラミング作業も快適にこなすことができます。

実際に使ってみると、作業に集中できて良いですね。

一見、地味なことかもしれませんが、毎日使うものなので椅子が良いとありがたく感じます。

Read More

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS