Sitecoreでの外部データ連携(ワイルドカードアイテムの利用)

こんにちは、赤澤です。
今回もSitecoreに関して書きたいと思います。

Sitecoreは非常に優秀なCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

CMSの標準機能として独自データの定義(Sitecoreではテンプレートといいます)を行い管理することが可能です。たとえば「お知らせ情報」「会社情報」「商品情報」等といった様々な情報を、お使い頂く企業様毎に合わせて定義・運用していくことが可能です。

あらゆる情報をSitecoreの使い勝手の良い管理画面を用いて運用していくことができますので、管理や作業効率の面でもとてもメリットがあります。

ただし、ある程度の規模の企業様になりますと例えば「商品情報」はすでに専用のデータベースをお持ちであるということが珍しくありません。

勿論そういった情報をSitecoreに入れて管理することも可能ですが、既に専用のデータベースがあるのであれば、Sitecoreは情報コンテンツ/商品情報は既存のデータベース。と役割を分けた上でシステム統合することがデータ移行及び運用移行のコスト面で圧倒的にオススメです。

そこで、今回はSitecoreと外部データの連携ということについて簡単に説明させていただきます。

Read More

Sitecoreデータのバージョン管理事始め

みなさん、Sitecoreのデータ、バージョン管理できてますか?

誤って開発途中のアイテムやテンプレートを削除してしまい、数時間分の作業をパーにしてしまったことありませんか?
師走の忙しい時期です。うっかりミスをしないように対策しましょう。

本記事ではSitecore開発者向けに、Sitecoreの開発におけるアイテムやテンプレートのバージョン管理の仕方を紹介します。

Read More

IIS Application InitializationでASP.NETアプリの起動を高速化(ウォームアップ)

こんにちは。aokiです。

これはOne ASP.NET Advent Calendar 2012の12/15日分の記事となります。前回の記事はmatarilloさんの「Web Forms + jQuery UI = Juice UI」です。次回の記事はnobuhisaさんの「知っている人は知っている、知らない人は知らない『NDjango』」です。

今回のテーマはASP.NETアプリをウォームアップできるApplication Initilizationを紹介します。

Application Initialization(Module)とは

ASP.NETアプリケーションは初回のページ呼び出しがあった時に、アプリケーションの初期処理(ビルドなど)が実施されます。そのため、ファーストユーザーがページにアクセスした時に遅いと感じることがあります。

これに対してApplication Initializationを有効にしておくと、起動時にIISがアプリケーションを呼び出しておいてくれます。そのため最初のユーザーがアクセスした時の体感速度を向上させることができます。

Application Initialization Moduleは、IIS7.5では個別モジュールでしたが、IIS8ではIIS標準機能となっています。

IISバージョン ApplicationInitializationの状態
IIS 8.0(Server2012/Windows8) IIS8.0に統合
IIS 7.5(Server2008R2/Windows7) RC版リリース。IIS7.5の外部モジュールとして提供
IIS 7.0(Server2008/Vista) IIS7.0は未サポート

ここでは、IIS8に導入する方法を紹介します。

Read More

Sitecore6.6でASP.NET MVC開発

シアトルの桜

こんにちは。aokiです。

これはSitecore Advent Calenderの12/09日分の記事となります。素敵なカレンダーを立ち上げて頂いた原水さんに感謝いたします。

※前の記事と同じようにちょっとした写真をつけてみました。これはシアトルの桜(2007年春)です。とても素敵でした。

この記事ではSitecore6.6で新しく使えるようになった、ASP.NET MVCとのインテグレーションについて紹介します。

ASP.NET MVCとは

ASP.NET MVCは、ASP.NETでMVC機能を用いて開発できるアーキテクチャです。ポストバック主体であったWebFormとは異なり、ControllerとModelを用いてRubyOnRails的な開発を行える点が特徴です。またViewを選択することができます。最近はRazorと呼ばれるPHPライクな埋め込み型言語のViewがメインとなりつつあります。

MVCを使うための設定

  1. Sitecore6.6をセットアップ
  2. アプリケーションプールの .NET Frameworkバージョンを4.0に設定
  3. web.config.MVCを設定して、Web.configにリネーム(もともとのWeb.configは別の名前に)
  4. \App_config\Include\Sitecore.MVC.config.disabledから.disabledを消した名前に変更(他も同様)
  5. Website\bin_Net4フォルダの中身をWebsite\binフォルダにコピー

これで、ASP.NET MVCが動作するSitecoreが立ち上がりました。

Sitecoreトップ

なお.NET4.0やASP.NET MVC3を事前にインストールしておく必要があります。

Read More

Git勉強会[パワーランチ]

はじめまして、長沢です。
先日、月1で行っている社内勉強会(パワーランチ)でGitの勉強会を行いました。

01

多くのスタッフが参加をしてくれました。

みなさんは、バージョン管理システムは何を使っていますか?
よく、Gitが流行っているということを良く聞きますが、
私の周りでは、まだまだSubversionを使っているプロジェクトの方が優勢です。
実際にプロジェクトで、Gitを使用している方もたくさんいらっしゃると思いますが、
興味があるもののなかなか導入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか?

今回の勉強会では、そんなGit初心者の方を対象に「Git初級入門」と題して、Gitの利点や欠点、Subversionと比べたときの違いを中心にお話をさせていただきました。
(と、偉そうに言う私もGitを使用しはじめて間もない初心者ですが。。。)

Read More

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS