Sitecore & Azureの構成案

こんにちは。

最近、二兎追うものは一兎をも得ず、という諺がグサリとささる松永(@zt_megane)です。


それどころか、クラウドサービスではGCPもかなりサービスを充実させてきていますので、AWSとAzureの二兎だけでなく、GCPを加えた三兎を追う形になりつつあり、さながら白兎をおいかける、ふしぎの国のアリスのような気分です。

ちょっと想像して気持ち悪くなりました・・・。

さて、前回ではAWS上にSitecoreを構築する際の構成について記載をしました。

今回は、AWSではなくAzure上にSitecoreを構築する際の構成案について考えていきます。

(尚、お断りしておくのですが、これから紹介する構成はあくまで一例です。構築するサイトや要件によって適切なクラウド構成は異なります。ですから、あくまで参考として読んで頂けるようお願いします。)

<本番環境向け>



AWSではEC2でしたが、AzureではVMとなります。
ELBはALBとなります。なお、AzureではAZという考え方はありません。


AzureではPaaSが充実していますので、VMの代わりにWebAppsを利用するという案もありますが、
本番環境ですとセキュリティ要件を検討する必要がありますので、
NSG(ネットワークセキュリティグループ)の設定が可能な、IaaSを利用したほうが良策かもしれません。

基本的にはAWSのサービスがAzureに置き換わっただけで、構成自体は特に変わりません。

開発環境



こちらも基本的にはEC2がVMに置き換わっただけで、とくに構成自体はAWSと同じ形で良いかなと考えています。



最後に

いかがでしたでしょうか。


クラウドのサービスの違いはありますが、Sitecoreを構築する上でベースとなる構成に違いはないかなと今回書いていて思いました。


ちなみに今回の案がSitecore構築の構成全てではなく、それ以外にもネットワーク周りやセキュリティ周り、ログ監視や非機能要件などについて、クラウドサービスを検討する必要がありますので、そこはご注意ください。



ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS