Sitecore Commerce 8 トレーニング参加レポート  (コマース/EC)

こんにちは。

Sitecoreコマース8のトレーニングを受けてきたので、その時のメモとなります。


Sitecore Commerceの特徴

Sitecoreコマースでは、ECサイトにパーソナライズを導入したり、xDBと連携したオムニチャネルを実現したりといった高いカスタマーエクスペリンスを提供します。また、商品とWebコンテンツを両方をターゲットとした検索や、ファセットや特定のページを上位に持ってくることができる(ブースト機能)高度な検索が備わっています。
また、購入などのイベントにゴールを設定することでエンゲージメントプランも連携するため、廃棄カートを入れて離脱した人にメールを送るといったオートメーションも可能となります。


Sitecore Commerceのモジュール構成

Sitecoreコマースのモジュール構成は下図の通りです。

SitecoreCommerce

Sitecoreとコマース製品をつなぐインターフェースのことを「コマースコネクト」と呼びます。コネクター方式となっているため、SitecoreCommerce以外にも、DynamicsAX、uCommerce、独自ECサイトと連携することもできます。


Sitecoreコマース自体には以下のような機能が備わっています。

  • 商品カタログ
  • インベントリー(在庫)
  • 割引(この商品買ったらXX引きなど)
  • プロモーション/クーポン
  • ステージング環境(Sitecoreのパブリッシュに該当)
  • プロファイル(個人情報)
  • オーダー(注文)




参考情報


まず最初に、Sitecoreのコマースのセットアップについては、以下のブログに多数の情報があります。

https://www.pine4.net/Memo2/Article/Series/SCpbCS81Setup

Sitecoreの技術調査においては、こちらを読むところからはじめて良いかと思います。


サンプルサイト「ストアフロント」の構成


今回受講したトレーニングでは、Sitecore Commerceのサンプルとなる「ストアフロント」をインストールしました。

https://github.com/Sitecore/Reference-Storefront


コマースのデータベースは、Sitecoreとは別で、SQL Serverに格納されます。

なお、性能が低下しないようCMSサーバーからWebAPI経由ではなくSQL Databaseにアクセスしています(SDK経由)


SitecoreCommerce


Sitecoreとは別に、Webサービス用のサイトを立ち上げます。

SitecoreCommerce


サーバー構成については、SQL DBに直接アクセスしたり、Commerce Serverを入れたり、BizTalkが出て来る場合もあったので、詳細はトレーニング資料を確認したほうが良さそうです。


「ストアフロント」の画面


サンプルサイトのトップイメージです。

SitecoreCommerce


服や靴等をカタログから選択します。

SitecoreCommerce


製品の色や種類を選ぶことができます。

SitecoreCommerce


Sitecoreの管理画面(Commerce Editor)


次に、Sitecore Commerce関連の管理画面を見ていきましょう。

SitecoreCommerce

Commerce Editorというメニューがあるので、クリックします。


コンテンツエディタのコマース専用のツリーが開きます。商品の区分や情報がツリーで展開されます。


SitecoreCommerce

このような拡張をする場合には「コーマスデータプロバイダー」を使うことで、商品をSitecoreのツリーのように見せることができ、Sitecore.Itemのようにアクセスすることができます(ただし本体はコマース側なので、ワークフローやバージョン管理の代わりにステージングを使ったりする必要があります)。


各商品(カタログ)の詳細情報を見たり、編集したりできます。

SitecoreCommerce


メディアライブラリ側からも商品の画像を見ることができます。

SitecoreCommerce


Sitecoreの管理画面(Merchandising Manager)

SPEAK UI側にも「Merchandising Manager(マーチャンダイジング マネージャ)」というボタンを確認することできます。

SitecoreCommerce


マーチャンダイジング マネージャでは、商品の関係や値段などを確認できます。

SitecoreCommerce


マーチャンダイジング マネージャでは、詳細情報を編集することができます。言語ごとに設定できるため、PIMの機能も備わっているといえます。

SitecoreCommerce


色やサイズといったSKUの違いごとの価格設定も確認できます。

SitecoreCommerce


SKUの詳細商法を編集できます。

SitecoreCommerce


在庫情報、注文の制御といった情報を編集したり確認することもできます。

SitecoreCommerce




Commerce Serverのビジネスツール(Catalog & Inventory Schema Manager


Commerce Serverのアプリケーションから、商品設定を見ることができます。現バージョンではWinFormを使っていますが、今後のバージョンではSitecoreと同じWebUIに変更される予定です。

SitecoreCommerce



ビジネスツールでは、商品等の定義を変更できます。

SitecoreCommerce


支払い方法などを設定できます。

SitecoreCommerce


配送方法を設定できます。

SitecoreCommerce


細かい検索を実行できます。

SitecoreCommerce


カスタマイズするには

Commerce機能を独自に開発することも可能で、StoreFrontには、そのための雛形なども用意されています。

SitecoreCommerce


なお、コマースコネクトはパイプラインで実装しています。注文時はオーダーパイプライン、決済時はペイメントパイプラインというような形です。

https://github.com/Sitecore/Reference-Storefront/tree/master/Storefront/CS/CSF/Connect/Pipelines

が参考になります。


以上、Sitecoreコマースについて、ざっくり記載してみました。次バージョンでは、よりSitecoreに統合されて、使いやすくなってきますので、今後に期待したいと思います。




ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS

著者

青木淳夫です。
.NETとアジャイルと散歩が好きなエンジニアです。
「aoki」さんの全ポストを読む