C#でDDD(ドメイン駆動開発)始めてみませんか

こんにちは。青木です。

当エントリは「C#アドベントカレンダー」の2015/12/21分です。前のエントリは、もりさんの「Code整形でちょっと役立つCodeMaidの利用方法」、次のエントリはJHashimotoさんです。


DDDとは

DDDはエリック・エバンス氏が提唱しているソフトウェア設計方針で、システム開発の複雑さをシンプルにする設計思想として、2003年に「Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software(邦訳:ドメイン駆動設計)」が発売されました。

具体的には「複雑なドメインの設計はモデルベースで行うべきであり」、「また大半のソフトウェアプロジェクトではシステムを実装するための特定の技術ではなくドメインそのものとドメインのロジックに焦点を置くべき」という考え方となります(Wikipediaより)。


DDDを始めるにあたって、お勧めの書籍

当社でも、C#とDDDによる開発を行うケースが出てきました。

それに伴い、2015年に翻訳版が発売された書籍「実践ドメイン駆動設計(通称 IDDD本)」の社内読書会を行っています。


先日、この読書会の内容について、Sansanさんの勉強会で発表してきました。

DDDイベント風景
DDD勉強会での発表風景



このスライドでは「実践ドメイン駆動設計(IDDD)」の基本となるポイントを整理していますので、よろしければ参考にしてください。



Read More

Visual Studio Code と Web Appの完全な適合

こんにちは、上坂です。
Build 2015の発表には様々なびっくりするものがありましたが、その1つがVisual Studio Codeだったと思います。

Mac, Linux上で稼働する(もちろんWindowsでも!)コードがメインのIDEがなんと無料でリリースされるということで、このところのMicrosoftの本気度はすごいものがありますね。
こちらの公式サイトではASP.NETやjavaScript、node.jsをインテリセンスを用いて編集する様子が動画で見ることができます。

Read More

QCon Tokyo2015 登壇してきました

こんにちは、上坂です。


先週の話になりますが、4/21(火)にヒューリック浅草橋ビルにて開催されたQCon Tokyo 2015
Azureが切り開く新時代のソフトウェア開発・設計」というタイトルで登壇してきました。

最近話題のMicroServicesとAzureとの関係をメインにお話しました。
内容の軸としては、以下の様な流れです。

Read More

de:code 2014 参加レポート(.NET中心)

はじめまして、昨年末に入社した浅井と申します。

先日行われたde:codeに乙黒とともに2日間参加してきましたので、早速そのレポートをしたいと思います。

乙黒のレポートは別の記事として上がっておりますのでそちらも閲覧して頂ければ幸いです。

Read More

Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する – ASP.NET編 [SSRS with Bing Maps #9]

おはようございます。
佐久間です。

「Reporting ServicesとBing MapsでWEB上のHTMLデータを可視化するレポートを作成する」

ついに連載の最終回を迎えました。(目次はこちら)
前回に引き続きReporting Servicesのレポートをアプリに組み込みます。

参考. Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する
参考-1. Windows FormsからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NETからSSRSのレポートを利用する← 今回
参考. Windows FormsやASP.NETからSSRSのレポートを利用する
参考-2. ASP.NetからSSRSのレポートを利用する
– Web.configの設定 –

ASP.NETのサイトにReportViewerを組み込むためにはまずWeb.configを編集します。
下記の項目を追加してください。

<system.web>
  <compilation debug="true" targetFramework="4.0">
    <assemblies>
      <add assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=B03F5F7F11D50A3A"/>
      <add assembly="Microsoft.ReportViewer.Common, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=B03F5F7F11D50A3A"/>
    </assemblies>
  </compilation>
  <pages>
    <controls>
      <add tagPrefix="rsweb" namespace="Microsoft.Reporting.WebForms" assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
    </controls>
  </pages>
  <httpHandlers>
    <add verb="*" path="Reserved.ReportViewerWebControl.axd" type = "Microsoft.Reporting.WebForms.HttpHandler, Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
  </httpHandlers>
 </system.web>
– ReportViewerの配置 –

次にレポートを表示させるページにReportViewerを配置します。
ReportViewerにはReportServerのURLと表示させたいReportのパスを設定してください。
Visual Studio 2010のReportViewerコントロールはAJAX対応のコントロールに変更されたので、
ScriptManagerも一緒に配置する必要があります。

Read More

Entity Frameworkの勉強会[パワーランチ]

今月もパワーランチ(勉強会)が開催されました。
今回のテーマは「Entity Frameworkコードファースト」でした。スピーカーは、システム開発本部の社員です。
パワーランチ

勉強会の光景

まず、Entity Frameworkの歴史と、開発方法の違いについて説明がありました。
そして、課題(動的なクエリを書きにくい、一括更新など標準的な機能が備わっていない等)の説明が行われました。
EntityFrameworkの課題
続けて、Visual Studioを使ったデモが行われました。
コードファーストでは、実行時にDBが生成されること、カラム追加時のマイグレーションについても理解できました。
Entity Framework、なかなか面白いですね。

Read More

Visual Studio11 LightSwitch(Beta)

こんにちは。青木です。

Visual Studio11ベータ版とともに、LightSwitchの最新版が公開されています。

昨夏にバージョン1であるLightSwith2011が公開されたばかりですが、はやくもバージョンアップ版のベータが提供されています。

詳細は、LightSwitchチームのブログで説明されています。VS11のヘルプ新しいフォーラムも公開されています。

主な変更点は、

  • バグフィックス
  • 機能拡張
  • V1で対応できなかったシナリオへの対応

です。

機能拡張における注目はODataへの対応です。ODataをデータソースとしたり、ODataで公開したりできるようです。OData形式にてデータ公開することで、PowerPivotから分析したり可視化したりできます。またAzure+ODataでデータを公開し、Windows8 Metroクライアントから参照するようなシナリオも可能になります。

VS11 LightSwitchでODataをデータソースとして利用1

Read More

<<前のエントリー

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS