F#でWindows AzureのWorkerRoleを動かしてみる

こんにちは。青木です。

この投稿はF# Advent Calendar 2011の12/22エントリです。

←前回 @zecl F# Implementation of BackPropagation Neural Network for Pattern Recognition(LifeGame)

10月のイベントでMSとMVPの方にF#の良さを色々と教えてもらいました。
また、豆蔵の方から関数型言語の話を聞く機会が増えてきました。

そんなこともあり、関数型言語F#とMicrosoftのクラウドであるAzureを組み合わせたアプリケーション構築にチャレンジしてみました。

作成するアプリケーションの内容

作成するアプリケーションはWindows AzureのWorkerRoleです。WorkerRoleは、アプリケーションサーバー的な役割を果たします。
実装する処理は、AzureのQueueストレージにデータが存在すればメッセージを取り出し、その値をTableストレージに登録します。そして登録が終了すればQueueからメッセージを削除します。

それでは実装手順を見ていきましょう。

新しいプロジェクトの作成

まず、VisualStudio 2010を立ち上げ、新規のクラウドアプリケーションの作成を選択します。表示されたダイアログからF#のWorkerRoleを選択します。

F#プロジェクト作成画面

OKを押すと、F#のWorkerRoleプロジェクトが作成されます。

Read More

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS