C#コーディング標準(コーディング規約)

このページでは、C#のコーディング標準ついての情報を公開します。

コーディング標準(スタンダード)の目的

ソフトウェア開発を行う場合には、コーディング標準(コーディングスタンダード、コーディングルール)を決めることは重要です。コーディング標準を決めることによって、他のメンバーが書いたコードであっても容易に理解することができるようになります。
しかし、チームメンバーの教育が十分でない場合には、コーディング 標準 を守られないといった問題が発生してしまう場合があります。また、経験の浅い開発者にとっては内容が難しすぎる場合もあります。
コーディング規約に書く必要が無いこと

ツール(StyleCopFxCop)でチェックできることについては、コーディング規約に書かないほうが良いのではないかと考えています。そのため、コーディング規約を決めることだけではなく、ツールの導入と順守を優先すると良いと思います。

C#コーディング標準(C#3.0/4.0)

C#3.0、4.0、5.0のコーディング標準は、AvivaSolutionsのガイドラインが参考になります。

http://csharpguidelines.codeplex.com/

ダウンロードページの一番下に日本語翻訳版が公開されています。

参考リンク


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS