Apple TVのリモコン(Siri Remote)のTouch Surface上で触っている位置を知る方法

Apple TV のリモコン(Siri Remote)には Touch Surfaceがあります。
通常リモコン操作をプログラムで検出したい場合、UITapGestureRecognizer(タップジェスチャー)やUISwipeGestureRecognizer(スワイプジェスチャー)を使用するか、低レベルのイベントをハンドリングします。
これで基本的な操作は検出できるのですが、Touch Surface領域のどの位置を触れているかの検出できませんでしたので、方法を調べてみました。

まずそもそも、なぜ検出できないのかAppleに聞いてみました。

以下のような理由だそうです。

We do not expose the physical location of the user’s finger from the Siri Remote’s touch pad. Part of the reason we do this is to discourage “pointer-based” UI screens, such as mouse cursors and similar navigation methods.

AppleTVのUIはフォーカス移動で行うことを想定しており、マウスカーソルのポインタのようなもので操作するUIを作らせないために意図的にこのような仕様にしているそうです。
ですので、これから紹介する方法は上記に該当するようなUIを作るためにはオススメしません。

これを踏まえて、
このTouch Surface上のどの位置が触れられているのかを検出する方法を紹介します。

Read More

Sitecoreでサイトのカテゴリ毎に担当者分けする権限設定

こんにちは。小山です。

サイトで、カテゴリ毎に担当者が異なるような運用はよくあるかと思います。

今回はSitecoreでカテゴリ毎に担当者分けするような権限設定について書きたいとおもいます。

こちらの記事はSitecore Advent Calender 2014の12月19日の記事です。

Read More

豆ナイト「ぐるぐるDDD/SCRUM – ドメイン駆動設計入門 ~ モデリング探求のうずまきをまわしてみよう!」に参加してきました。

2014年7月10日に豆ナイト(イベント)で開催された「ぐるぐるDDD/SCRUM – ドメイン駆動設計入門 ~ モデリング探求のうずまきをまわしてみよう!」に参加してきました。

http://www.mamezou.com/event/mn_20140710.html

講師は、原田騎郎さん (株式会社アトラクタ)です。

DDDは興味がありつつも、実業務でいきなり実践してみる機会もなかなか無いですが、

入門でさらに実際に体験できるワークショップということで、弊社で私を含めた数名で参加させていただきました。

Read More

ASP.NET MVCのActionメソッドでのJSONデータの制限

ASP.NET MVCはリクエストの内容(JSONデータも)をActionメソッドの引数にマッピングしてくれるので便利です。
以前、いろいろ使用している中でJSONデータの制限に引っかかったことがあったのでその内容を紹介します。

Read More

Developer Camp 2012 Japan Fall

10月4日(木),5日(金)と2日間にかけて渋谷ヒカリエにて”Developer Camp 2012 Japan Fall”が開催されました。
時間に都合がついたので参加してきました(1日目しか参加できませんでしたが)。
Visual Studio2012とWindows Azureについてが主な内容でした。
参加した1日目のプログラムについてやんわり触れたいと思います。
  • クラウド時代のアプリ開発者に贈る一歩進んだ開発スタイル
スコット・ガスリー と ブライアン・ケラーがWindows Azure や Application Lifecycle Managementについて語ってくれました。
当然全て英語なのでドキドキしましたが、同時翻訳されていたので内容は分かりました(ほっ)。
Windows AzureのアドミニストレーションツールでAzure上にサイト作成等デモしながらの解説でした。とても簡単に操作できそうでした。
(デモでは英語版を使っていましたが日本語版もリリースされるそうです)
img01img02

Read More

iPhoneアプリ開発(マーケ編)[パワーランチ]

年末から行っているパワーランチ(勉強会)ですが、第0回、1回に続き2/3に第2回を実施しました。
今回のテーマは「iPhoneアプリ開発(マーケ編)」
スピーカーは、弊社本部長の濱田です。
自らが、実際にアプリを開発・公開ながら蓄積しているノウハウをマーケティング中心に解説してもらいました。
第2回勉強会 「iPhoneアプリ開発(マーケ編)」

第2回勉強会 「iPhoneアプリ開発(マーケ編)」

「儲けることを基軸に考えていきましょう!」 いきなりラーメン屋を例に話が始まりました。
どう儲けるかを基軸に考えよう

どう儲けるかを基軸に考えよう

AppStoreに商品がどのように陳列されるのか、どんなジャンル、タイミングを狙うべきか。
どうやって儲けるのか。
商品がどのように陳列されるのか

商品がどのように陳列されるのか

無料(広告)、フリーミアム、有料といった選択肢を実例を挙げながらの解説。
モデルの種類によるダウンロード数の比較。
モデルの種類によるダウンロード数の比較

モデルの種類によるダウンロード数の比較

アプリの値段をどう設定するべきか、ランキングにランクインするためには。
実際にアプリを開発・リリースして自ら試すという徹底ぶりです。
アクティブ率とランキングについて

アクティブ率とランキングについて

その他、ためになるノウハウ満載な内容でとっても有意義な時間でした。
自分のような開発人間も、開発の話ではないこういったマーケティングの話を聞いてとてもワクワクしました。
(アプリをつくって公開したくなります)
今後のパワーランチも、開発だけでなく幅広いテーマでやっていきたいと思います。
[おまけ]
参加者にふるまうお弁当ですが、購入する時間がギリギリだったため温める時間がありませんでした。
何事も余裕をもって準備しないといけませんね。

Read More

パワーランチを開催しました

以前、ネクストスケープでは社員が集まって勉強会をしていましたが、久しく行われていませんでした。そこでまた勉強会を復活させよう!ということで勉強会を開催しました。
どんなダンドリでやっていこうか迷走しながらも、まずは試しにやってみようというのが今回の第0回です。
勉強会はパワーランチ形式をとり、スピーカーはこのネスケラボで記事連載している佐久間氏にお願いしました。
テーマは「SQL ServerのレポーティングサービスとBingMap」
勉強会のシミュレーションを兼ねて、地図レポートを作成する方法を紹介してもらいました(連載中の記事はこちら)。
気象庁のサイトで公開されているページのHTMLからデータを抽出・変換してレポートのデータソースにするところから、実際に地図レポートを作成するまでを流れにそって解説してもらいました。
パワーランチの様子

パワーランチの様子

写真ではわかりにくいですが、参加者の人は昼食をとりながら和気あいあいと聞いています。

データソースから地図レポートを作成するデモ

データソースから地図レポートを作成するデモ

実際にその場で、ぱっと地図レポートを作成して見せてくれました。すごいですね!

で、今回のテーマであるレポーティングサービスとBingMapの連携は、

BingMapとの連携させる

BingMapとの連携させる

地図レポートの設定で、「BingMapのレイヤーを追加する」にチェックをつけるだけでした。便利すぎてびっくりです。

終わりに

今回は第0回ということで模擬的な位置づけでしたが、今後定期開催するにあたりいろいろ収穫がありました。

次回以降のパワーランチについても記事にしていきたいと思います。

Read More

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS