できるだけ管理ポータルを使ってリソースマネージャーのポイント対サイト(P2S)を構築する(後半)

こんにちは、上坂(@takashiuesaka)です。

前回は、管理ポータルを使ってVPNGatewayを作るとこまでの手順をご説明しました。おさらいしましょう。

  1. 仮想ネットワークを作る(OK)
  2. GatewaySubnetを作る(OK)
  3. パブリックIPアドレスを作る(OK)
  4. VPNGatewayを作る(OK)
    (root証明書、クライアント証明書を作る)
  5. クライアントプールをVPNGatewayに設定する(NG)
  6. root証明書をアップロード(NG)
  7. 接続用のEXEをダウンロードする(NG)

1から4の手順を実施済みです。残るは「5.クライアントプールをVPNGatewayに設定する」「6.root証明書のアップロード」なんですが、証明書を作っていない場合はこちらを参照して証明書の作成及びインストールをしておいてください。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/vpn-gateway-certificates-point-to-site/

Read More

できるだけ管理ポータルを使ってリソースマネージャーのポイント対サイト(P2S)を構築する(前半)

こんにちは、上坂(@takashiuesaka)です。

今日は管理ポータルでポイント対サイト(point-to-site)のVPNGatewayを作って自分のPCから繋げたいと思います。
とはいっても、全てを管理ポータルだけで作ることは残念ながらできません。今日の記事のポイントは、できるだけ管理ポータルを使う、です。

管理ポータルも慣れれば使いやすいですね。機能もどんどん充実してきました。
ポイント対サイトのVPN接続時に必要な設定と順番は以下になります。

  1. 仮想ネットワークを作る(OK)
  2. GatewaySubnetを作る(OK)
  3. パブリックIPアドレスを作る(OK)
  4. .VPNGatewayを作る(OK)
    (root証明書、クライアント証明書を作る)
  5. クライアントプールをVPNGatewayに設定する(NG)
  6. root証明書をアップロード(NG)
  7. 接続用のEXEをダウンロードする(NG)

OKとNGは、OKが管理ポータルで作成できるリソース。NGは管理ポータルで作成できないものです。
というのも、作成したVPNGatewayリソースを開いて、新しい接続を作る時に指定できる「接続の種類」に「ポイント対サイト」の選択肢が出てこないからです。


ポイント対サイトが選択肢に出てこない

そのうちできるようになるんでしょうけどね。残念ながら今はPowerShellのお世話になる必要があります。
では順番にやっていきましょう。

※今回ご紹介する手順は、既に作成済みの仮想ネットワークに対してポイント対サイトの構築する手順でもあります。MSDNにはなぜか載っていません。お困りの方、是非参考にしてください。

Read More

AzureのASMとARMの違いを知る

こんにちは、上坂(@takashiuesaka)です。

立て続けに4件もASM(Azure Service Management)とARM(Azure Resource Manager)の違いを認識していないことによるトラブルを相談されたので、今日は改めて私なりに解説してみたいと思います。
まず結論からいきましょう。この2つの違いは

  • RESTのAPIが全然違う
  • 同じ機能なのに作成されるリソースが全く異なるものがある(互換性なし)

です。1つずついきます。

Read More

IaaSベースの開発に超便利だ!Azure DevTest Labs

こんにちは、上坂です。

DevTest Labs、という開発とテスト専用の環境が簡単に構築できるリソースがリリースされています。

ネクストスケープはAzureのPaaSをごりごり使用したシステム構築が得意なんですが、それでも時にはIaaSを使う時があります。
そんな時にはDevTest Labsが便利です。

Read More

祝!AkamaiCDN thru Azure!

こんにちは、上坂(@takashiuesaka)です。

ついにAzureでAkamaiが使える日が来ました。

Akamaiを選択。機能なんもなし

このSKU選択画面を見る限り、本当にただのキャッシュサーバーで機能が全くありません。ちょっと残念ですね。
実際にエンドポイントを作って触ってみました。オリジンにはBlobストレージを指定しています。

Read More

Azure CDN の ルールエンジンという優れもの

こんにちは、上坂(@takashiuesaka)です。

AzureCDNにPremiumという新しいSKUができてからしばらくたちますね。
このPremiumなAzureCDNですが、Standardに比べて素敵な機能としてルールエンジンがあります。

ルールエンジンはリクエストの内容に応じて処理を分岐することができます。うまく作るとかなり色んなことができます。

Read More

Azure CDNのLoad機能

こんにちは、上坂です。

ネクストスケープではCDNを大量に使用しているのですが、今日はAzure CDNにLoad機能が新しく増えたぞ、という話です。

2015年11月にPurge機能はリリースされていました。Purgeとは、Edgeサーバーにキャッシュされたコンテンツを削除することです。
Purgeとはなんでしょうか。運用していると実によく使用する機能です。

Webサーバーの前にCDNを配置している、よくある構成を例に考えてみましょう。

Read More

Azure Active Directoryの「既定のディレクトリ」とは

こんにちは、上坂です。

今日は久しぶりにAzureADの話です。
最近のAzureネタはデータ周りが多くネタがない、というのもありますけど。

まずAzureを最初に使い始めたときによくわからないのがAzureADの「既定のディレクトリ」ではないでしょうか。
1つしかサブスクリプションを使用していない人にはなんのことだかわからないと思います。
2つ以上のサブスクリプションを使用している方にとって、「既定のディレクトリ」とは謎の存在だと思うのです。というか私には謎の存在でした。
今日はこちらを簡単に解説したいと思います。

Read More

<<前のエントリー 次のエントリー>>

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS