Azure Blob Storage で HTTPS カスタムドメインの静的 Web サイトを構築

こんにちわ。
コンサルティング&テクノロジー部の Azure チームの開發です。

5 月の Microsoft Build で Azure Blob Storage での静的 Web サイトのサポートが発表されました。
今までも Azure Blob Storage で静的 Web サイト作れたよ?って思う方もいるかもしれませんが、これまでの課題を解決するような機能が追加されているんです。

この記事では、Microsoft Build で発表された方法とこれまでの方法の違いを整理し、今回発表された方法で実際に構築をした手順を記載します。

また併せて、Microsoft Build で発表された Azure Microsoft CDN を利用した HTTPS カスタムドメインの静的 Web サイトを構築する手順にしてみました。




Read More

IoTHub のメッセージ交換速度を計測

こんにちは。
コンサルティング & テクノロジー部の Azure チームの茨木です。

今回は Azure IoTHub のメッセージ交換速度を計測してみました。

HoloLens でインターネットスケールのシェアリングを実装する基盤として使えないかな~、という調査です。HoloLens をひとつのIoTデバイスに見立てちゃいます。そして、大規模IoTを支えうるクラウドの能力を活かしたい!

Read More

Azure Bot ServiceとLUIS(Language Understanding intelligent service)が待望のGA(一般提供開始)しました。

こんにちは。コンサルティング&テクノロジー部の松永です。

この記事はCogbot! Advent Calendarの14日目の記事です。

実は別の記事を書く予定でしたが、Azure Bot ServiceとLUISがGAしましたので、そちらを試してみました。

Read More

JMeter:レスポンスデータで結果を判定する

こんにちは。
クラウド事業本部クライアントサービス部の松岡です。
テストやインフラ構築などを担当しています。

今回はJMeterの小ネタです。
jm
レスポンスデータを使って結果を判定させる方法を共有します。
この記事は「ネクストスケープ クラウド事業本部 Advent Calendar 2017」の 12/12 の記事です。

Read More

ASP.NET Core Identity をテンプレートからカスタマイズ

こんにちは。

クラウド事業本部コンサルティング&テクノロジー部の茨木です。

 

今回は、ASP.NET Core Identity です。

Visual Studio がテンプレート実装をしてくれますが、そのまま全て動かせる程に構成済み状態となっています。カスタマイズしようにも構成はDIで隠蔽されていて、初見ではどこから手を付けていいのか迷いますね。しかも SQL Server を前提に構成された上に、EntityFramework まで組み付けられてしまいますが、こんなの邪魔ですよね。ということで、テンプレートに手を加え、ASP.NET Core Identity に則りつつ、独自のデータストアで認証を実装してみたいと思います。

 

この記事はネクストスケープ クラウド事業本部 Advent Calendar 2017 の9日目となります。

Read More

Backlog用のOWINOAuthミドルウェア

こんにちは、上坂です。

皆さんはBacklogというウェブサービスをご存知でしょうか。
ネクストスケープではチケット管理にBacklogというウェブサービスを利用しています。
BacklogにはSubversionとGitのリポジトリもあってシステム開発にも親和性が高いのですが、今日はこのBacklogのOAuth認証のAPIを利用する話です。

私は今、エバンジェリスト活動だけでなく社内で利用するシステムを開発するチームにも所属しているのですが、そのチームでAzure上に置いたシステムの認証をどうしようか、という話なりました。
当然AzureADを使った認証を真っ先に検討したのですが、要件としてオンプレのADとディレクトリ同期が必要でした。
環境をそこまで整えるのは少し時間が必要ですが、リリースは待ってくれません。(このプロジェクトは1スプリント2週間、Scrumで回しています)

そこで、環境が整うまではBacklogのOAuthを使って認証させることになりました。

BacklogのOAuthの認証を利用するにあたり、OWINの仕組みを利用したいと思いましたが(ASP.NET 4.5)、Backlog用のOWINミドルウェアが探しても見つからなかったので、作っちゃいました。

Read More

Azure Active Directoryで簡単認証~多要素認証編(新規ユーザー作成時)~

こんにちは、上坂です。

この記事はAzure Active Directoryについての連載記事になります。

多要素認証とは、Id/PWによる認証にもう一つ認証を加えることでより強固なセキュリティを担保しましょう、ということなんですが、AzureADではこれが簡単に実現できます。それでは早速試してみましょう。

今回は第2回 Azure Active Directoryで簡単認証~OpenIdConnect編~ の続きになります。前回の記事を参照してディレクトリを作成しておいてください。

・新規ユーザー作成時に多要素認証を指定する

まずは新規にユーザーを作成するときに多要素認証を有効にする方法を見ていきましょう。

Read More

decode:「今さら聞けない! クラウドを使った Search-as-a-Service の活用Azure Search ~Azure Search 全貌~」に参加しました。

検索は、Web サイトの価値を上げるために重要な機能のひとつです。検索精度によって、売上が左右されるサイトも少なくはないでしょう。その一方、日本語を検索というのは、意外と頭の痛い問題でもあります。日本語を適切に処理してくれる検索エンジンってなに?と聞かれても、これです!と言えるものが正直思いつきません。そんな中、ひとつの救いになってくれそうなのが、Azure Search かもしれないと、セッションに参加して思いました。

Read More

<<前のエントリー

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS