Azure Cognitive Service の Custom Vision Service で高山植物を識別する

こんにちは。
コンサルティング & テクノロジー部の吾郷です。

//Build 2017 でリリースされました、Microsoft Azure の 機械学習系サービス の Cognitive Service に新しく増えた機能の
Custom Vision Service について紹介します。
今回は、Custom Vision Service の操作方法を中心とし、最後に余談として Bot などのプログラムから使う場合のAPIを簡単に紹介します。

Read More

Bot × Recommendations APIを試してみたい。~Bot Framework編~

こんにちは。

LINEのスタンプを購入せずにこれまできたけど、バリエーションの少なさにそろそろ限界を迎えていて、
クラウディアさんのスタンプ購入を本気で考えている松永です。

(AmazonもAlexaスタンプとか作ればいいのに・・・。)

Read More

CNTKの環境をAzureVMでゼロから構築する

こんにちは。
ネクストスケープ上坂です。

今日はMicrosoft Congnitive Toolkit、略してCNTKの環境をAzureVMで構築してみたいと思います。
CNTKはMicrosoftが提供しているオープンソースのDeep Learningモデル構築&実行環境です。

CNTK Image

御存知の通りAzureにはNシリーズというGPU付きのVMがありますので、そちらを使ってGPUで稼働するCNTKをゼロから作っていきます。

ちなみに、Azureには既にCNTKをインストール済みのイメージもありますが、なぜかうまくデプロイできなかったのでゼロから構築してみました。

Read More

Becoming a Certified Marketo Expert

こんにちは。デジタルマーケティングを担当しているルイスです。
以下、英語ですが、Marketoの認定資格に合格したので、その勉強法を投稿します。

I'm Luis, a Marketing Consultant and "Technologist" at Nextscape.

In September of this year I became Marketo Certified, so I'd like to take you through my experience with the examination process.

First of all, I live and work in Tokyo, Japan and everything I do is in Japanese. I keep Marketo in English for my own convenience when working. This presents it's own challenges when it comes to a Marketo project, because the terminology used in both languages can differ.
Please bear in mind that I offer my advice as an English speaker and took the test in English! 
Points 4 and 5 offer suggestions for those without a strong hold of English.

Read More

re:Invent2016レポート ~Keynote2の新サービスを紹介①~

今日もDJがターンテーブルを回しながら、ノリの良い音楽が途切れなく流れる。

参加者の表情は昨日よりも余裕が出ている。

今日は2日目。祭りも折り返しだ。

Read More

re:Invent2016レポート ~Keynote2の新サービスを紹介②~

新サービスが発表された直後、シークレットだったセッションが解放される。

参加者は新しいサービスをいち早く学ぼうと、セッションの案内画面やアプリを見て、

足早にKeynoteの会場を去っていく。

Read More

re:Invent2016レポート ~Keynote1の新サービスを紹介②~

keynoteが終わると、すぐに次のセッションへと急ぐ参加者たち。

会場はベネチアンとミラージュの2会場。

ベネチアンホテルは抜けるだけでも10分はかかる。

大勢の人がホールを出て足早に次のセッションへと向かうが、どの顔も興奮している表情にも見える。

自分もその一人だ。


Read More

re:Invent2016レポート ~Keynote1の新サービスを紹介①~

扉を抜けると、ため息が思わずこぼれる。

サッカーコートが3面くらいとれるほどの大きい会場がそこに広がっていた。

無数の椅子が整然とならび、そこを足早に参加者が自分の席をもとめて進んでいく。

5台の巨大ビジョンにはre:Inventのロゴ、2台の中型ビジョンには女性DJが体を上下に揺らす姿。

メインテーブルに目を移すと、その女性DJがスポットライトを浴びながら、真剣にターンテーブルを操作する姿が見れる。

乗りの良いテクノ系の音楽が、大音量で会場に流れている。

まるで巨大なナイトクラブ。

但し、時間はまだ8時前。

基調講演はこれから始まるー

Read More

<<前のエントリー

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS