Azure Media Services

はじめまして、照山です。

4月16日にMicrosoft社よりクラウドベースのメディア配信サービス「Windows Azure Media Services」が発表されました。

Windows Azure Media Services を発表(Microsoft)

クラウドを基盤とした総合的なメディア配信サービスが登場します。

以下に、今回発表されたAzure Media Servicesの主な機能と特徴を挙げてみました。

・インジェスト
メディアコンテンツをセキュアに高速アップロード

・エンコード
標準的なコーデックをサポートしているAzure組込みのエンコーダおよび、サードパーティのエンコーダも選択可能

・フォーマット変換
メディアコンテンツの暗号化や一括変換を実現

・コンテンツ保護
Microsoft Play ReadyによるDRMをサポート

・オンデマンドストリーミング
Windows AzureのCDNやサードパティの配信ネットワークを介したコンテンツ配信

・ライブストリーミング
ライブストリーミングチャンネルの作成と公開

・ワークフロー
APIを利用することで、各種機能を組み合わせて、メディア配信に関するプロセスを自動化

・マルチプラットフォーム
Windows PC、Xbox、Windows Phone、Mac OS、iOS、Androidなど、各種デバイスに対応

注目のポイントは、サーバ負荷の掛かる動画や音楽のエンコードも含めたワークフローをクラウド上で実現できることではないでしょうか。

大規模ストレージによるコンテンツ管理からエンコード、DRM保護、リアルタイム配信まで、クラウドの利点を最大限に活かしたサービスが実現できるのではないかと期待大です。



ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS

著者