動画配信Azure活用セミナーを開催しました

初めまして、システム開発本部の木下と申します。

3月15日14:00~新宿三井ビル44階C会議室にて

「動画コンテンツ サービスでビジネスに革新を!
マルチデバイス配信を柔軟に実現するAzure活用セミナー」

を開催しましたのでご紹介いたします。

セミナー

このセミナーはマイクロソフト社の協業パートナープログラムの一環として実施しております。

セミナー内容は下記の3プログラムです。

第1部「動画配信の現在と未来」
株式会社ネクストスケープ 代表取締役 小杉

現在の動画ビジネスにおける視点と将来的な動画ビジネスの展開についてのセミナーです。
特に興味深いお話がH.265コーデックです。登壇者自身がスペインで行われたWMC(WorldMobileConference)でH.265コーデックを利用したサービスの情報を見て触って聞いてきたそうです。
MP4の2倍の圧縮率で画質が同等のコンテンツを提供出来るようになります。
画質を落とさずに圧縮率を高められることにより、ユーザ満足度に直結する動画配信の映像品質や配信品質を高める事が可能です。
将来的に非常に楽しみな対応になるかと思います。


第2部「AzureとMediaServices」
株式会社ネクストスケープ 青木

AzureとMediaServices

WindowsAzureの機能の一つであるMediaSrevicesについてのセミナーです。
MediaServicesとはクラウド上で動画や音楽のエンコードを行う仕組みです。
興味深い点はエンコードをなぜクラウドで行う必要があるかについです。
エンコードという作業は非常にマシンスペックに依存します。
特に大量の動画コンテンツを同時にエンコードを行おうとすると相当量の設備が必要となります。
Azureを利用することによりスケールアウトの簡易性で上記の問題が克服できるという点が大変参考になります。

第3部「マイクロソフトの事例・取組」
日本マイクロソフト株式会社 畠山様

マイクロソフトの事例・取組

HTML5を利用した動画配信の仕組みについてお話しして頂きました。
特に興味深かったのはFacebookの様なSNSと連動して動画の中に特定の情報を表示する技術です。
動的な情報表示はクライアント側でレンダリング処理を行う際に追加しています。動的な情報表示をコマーシャル動画等に組み込むことで、表現の幅が広がっていく可能性を感じました。
発展していけば将来的に動画コンテンツでコミュニケーションが取れるようになるかもしれません。

当日は年度末の繁忙期にも関わらず30名以上のご来客がありました。
ご参加頂けたお客様にも満足頂けた内容だったと思います。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS

著者

ネスケラボの広報担当です。
ネクストスケープを紹介します。
「広報担当」さんの全ポストを読む