AWS re:Invent 2018 現地レポート No.5-EXPO in AWS re:Invent 2018-

皆さん、こんにちは。コンシューマサービスグループの山本です。

AWS re:Invent 2018 の現地レポート第5回をお送りいたします!

記事を書いている今現在、現地時間は11/30 8:00。盛大な打ち上げである re:Play パーティを終え、実質カファレンスはオーバーし、午前中にいくつかのセッションを控えるのみとなっております。

私もAWS Fargateを用いたDevOpsに関するワークショップの飛び入り参加列に並んでおります!大人気のワークショップで入れるかドキドキです(汗)。

さて、今回はre:Inventの目玉の一つでもあります、グローバルパートナー企業の展示会、EXPOの様子を、会場の写真を交えながらお伝えさせていただきます!

<過去のレポート>

第4回第3回第2回第1回


EXPOはAWSのグローバルパートナー企業ブースが軒を連ねる展示会です。日本でもソリューション展などの展示会がありますね。早速展示ブースに向かいましょう!


▼会場はベネチアンホテル。レジストレーション奥です!途中にはなぜか卓球スペースが展開されていました!



▼出展エリアです!この日は12/28。re:Inventの中日ということもあり、大盛況です!

▼日本でもおなじみの企業が多数出展しております!

▼各企業はTシャツやソックス、フィギュア等、日本の展示会ではあまり見ないような豪華なノベルティを携えておられます!ノベルティをゲットするための楽しいゲームを用意している企業もたくさんありました!英語でのコミュニケーションとなりますが、身分証を兼ねたバッジをスキャンすれば、気軽にゲームに参加でき、ノベルティをゲットできます!私も多数のTシャツ、ステッカー等、各社より頂きました!

▼電源完備の休憩スペースが至る所に展開されている点も、アメリカの展示会だなあと思うところでした!

▼会場奥のAWSブースです。各サービスカテゴリごとに、エキスパートが常駐し、サービスやテクノロジに関する質問にホワイトボードで質問できます!

▼私も、今後の業務で役立ちそうな、 AWS Step Functions の技術的質問をしたり、発表されたばかりの新サービス、 Amazon FSx for Windows File Server について質問させていただきました!既存サービスの専門的な知識はもとより、最新サービスへのキャッチアップも素晴らしく、大変有意義な時間でした!


以上、EXPO in AWS re:Invent 2018のレポートでした!

ラスベガスでの時間はあっという間に過ぎていきます。帰国の途につくまで、ネスケラボでは引き続きAWS re:Invent 2018現地レポートをアップしていきます!チェック&シェアしてください!



ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS