re:Invent2016レポート ~Keynote1の新サービスを紹介①~

扉を抜けると、ため息が思わずこぼれる。

サッカーコートが3面くらいとれるほどの大きい会場がそこに広がっていた。

無数の椅子が整然とならび、そこを足早に参加者が自分の席をもとめて進んでいく。

5台の巨大ビジョンにはre:Inventのロゴ、2台の中型ビジョンには女性DJが体を上下に揺らす姿。

メインテーブルに目を移すと、その女性DJがスポットライトを浴びながら、真剣にターンテーブルを操作する姿が見れる。

乗りの良いテクノ系の音楽が、大音量で会場に流れている。

まるで巨大なナイトクラブ。

但し、時間はまだ8時前。

基調講演はこれから始まるー

Read More

re:Invent2016レポート ~Amazon本社訪問そしてラスベガスへ~

オフィスを歩くと犬を散歩する人とすれ違う。チワワ、パピヨン、シープドック、柴犬・・・。


オフィスの外を見やるとドックランがあるのだろうか。柵の向こうで笑顔で犬と戯れている人もいる。

ペットショップのようなオフィス。

それがAmazon本社に対する私の第一印象だ。

Read More

re:Invent2016レポート ~珈琲と雨の町シアトルから~

シアトル空港を出た瞬間、きっと誰もが思ったはずだ。

寒い、と。

Read More

サービスから考えるAWS構成案番外編② -AzureのVM作成

こんにちは。かつてAzureは「アズール」と読むのか「アジュール」と読むのかで混乱していた松永です。

「アジュール」が正しいです。空色のという意味だそうです。色は#007FFF。

ちなみにAzureがで始めのころは「アズレ」と読む人もいたそうです。

さて、前回の続きですね。Virtual Machinesを作っていこうと思います。

Read More

サービスから考えるAWS構成案番外編① -AWSとAzureの無料枠について

こんにちは。先週からポケモントレーナーになった松永です。

ワシントン条約に抵触しない範囲でポケモンを捕獲しています。

さて、ゆるーく続けているサービスから考えるAWS構成案シリーズですが、Azureは?アジュールは?あじゅーるは?という声にお答えして、Azureでも書いてみたいと思います。

とはいえ、今までAWSを使ってきたので、Azureを扱うのはほぼ初めて。

ですから、ここではAWSユーザーが、もしAzureを使い始めたら。という視点で書いていきたいと思います。

Read More

サービスから考えるAWS構成案③ -EC2の設定項目の波を乗り越えろ!

こんにちは。最近AIのりんなとの会話に少しドキドキしてしまった松永です。

AIの可能性すごいな!びっくりした!

さて、そんな風に最近MS絡みの記事を多く投稿していますが、依然としてAWSを触っております。

もちろん、この連載も忘れておりません。サービスから考えるAWS。

Read More

Sitecore & AWSの構成案

こんにちは。

最近はAWSとAzureの両方を扱っていて、まるでFFⅢにでてくる赤魔道士みたいじゃないかと思っている松永(@zt_megane)です。

Read More

サービスから考えるAWS構成案② -オールラウンダー。その名もEC2

こんにちは。ネクストスケープの松永です。


さて、前回おもむろにはじめました、サービスから考えるAWS。

今回はサービス案に対するAWSの構成を考えていきましょう。

まずはおさらいです。

Read More

<<前のエントリー 次のエントリー>>

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS