Azure DevOpsと連携する便利なテスト支援ツール、「Test&Feedback」(前編)

コンサルティング&テクノロジー部のAzureチーム改め、クラウド推進部(Cloud Advocate)の松永です。
(新年度となり、弊社も組織が変わりました。)

今回はAzure DevOpsと連携する「Test&Feedback」というツールをご紹介します。




「Visual Studio Team Services(VSTS)」から「Azure DevOps」にブランド名が変わり、半年が経過しました。

ブランド名が変わるのに合わせて、ポータルのデザインも一新。機能をまとめることで、より使いやすい形となりました。

弊社内でも、Azure DevOpsになってから使うチームが増えてきた印象です。

Azure DevOpsは、大きく5つのサービスに分かれている、開発支援ツールです。

サービスを1つとっても豊富な機能があるのですが、サービス同士を組み合わせることで、開発・テスト・リリースがしやすい、継続的デリバリーが可能となる環境を構築することができます。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/introducing-azure-devops/

さらにAzure DevOpsは様々なシステム環境に適応できるように考えられているため、Windows製品以外のものも使うことができます。

たとえばC#を全く使わずJavaScriptだけで構築されているPJでも、Azure DevOpsのビルドパイプラインを使ってリリースが可能です。

さて、今回はそのAzure DevOpsと連携する「Test&Feedback」というツールをご紹介します。


Test&Feedbackとはどういうツールなのか?



「Test&Feedback」はブラウザ上で、写真、メモ、動画の撮影を行うことができ、さらにその内容を記録したチケットをAzure DevOps上に登録することができるツールです。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms.vss-exploratorytesting-web

Azure DevOps Tokyo, Japan 4th answerのLTで話した資料がありますので、こちらもご参考ください。

https://www.slideshare.net/SatoshiMatsunaga1/test-feedback




知らないのはもったいないくらい便利なツールなのですが、知名度はいま一つですので、この記事を読んだらぜひAzure DevOpsと合わせて使ってもらいたいと思っています。


Test&Feedbackのインストール方法



では、「Test&Feedback」のインストール方法を解説していきます。

Chromeのインストール方法


Chromeの場合は、chrome ウェブストアの検索から、「Azure DevOps」と入力して検索をすると
「Test&Feedback」が出てきます。



あとは追加ボタンを押せば、Chromeの右上にアイコンが出てきます。

 


Firefoxのインストール方法



FirefoxでもAdd onのページから「Azure DevOps」で検索をすると「Test&Feedback」が出てきます。






こちらも追加をすることで、右上にアイコンが出てきます。

尚、edge版については、Chronium対応ができたら利用可能にするとのこと。

edgeは現在、Chronium対応のプレビュー版が出ていますので、利用可能ももうすぐのようです。

https://blogs.windows.com/windowsexperience/2019/04/08/microsoft-edge-preview-builds-the-next-step-in-our-oss-journey/


まとめ



前編は「Test&Feedback」のインストール方法までを記載しました。

後編では「Test&Feedback」の具体的な使い方について解説していきます。



ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS