re:Invent2016レポート ~珈琲と雨の町シアトルから~

シアトル空港を出た瞬間、きっと誰もが思ったはずだ。

寒い、と。


こんにちは。松永(@zt_megane)です。

今この記事をシアトルのホテルで、スターバックスのコーヒーを飲みながら書いています。

こう書くと優雅な感じに聞こえますが、ところがどっこい。

実際は珈琲を飲まないとやってられないくらいに寒いというのがほんとのところ。

雪が降るような寒さに加えて、雨と強い風のおまけつき。

シアトルの冬はなかなか厳しいです。

全米最古のマーケット。


シアトルに来た理由


シアトルはスターバックスの1号店があるところで、そのせいか、いたるところの街角にスターバックスがあります。

スターバックス1号店。ここのお店だけ看板が創業当初の看板。

テイクアウトした熱い珈琲を片手に街を歩く人も多く見かけます。

都会なので、珈琲需要もさぞ多いことでしょう。

また、今はちょうどブラックフライデーの最中。町もクリスマスのディスプレイがあふれ、とても華やかです。

思わず手に取りたくなるような素敵な雑貨を並べているお店も多く、目を楽しませてくれます。

さて、そんなシアトルになぜ来たのかというと・・・

それは、AWSの本社が、ここシアトルにあるからです。

re:Invent2016参加レポ



クリスマスで賑わう街並み。

今回、私は現地時間で11月28日からラスベガスで開かれるAWSの世界最大のイベント、re:Inventに参加するため、
アメリカにきました。

ただ、私が参加したツアーではラスベガスに行く前に、シアトルのAWS本社を見学してから、ラスベガスに向かう日程
が組まれています。

ですから、このシアトルにいるのです。

ということで、今回から複数回にわけて、このre:Inventの参加レポを上げたいと思います。

春に掲載したMicrosoftのBuild2016の時と同様、なるべく臨場感が伝わる様に、早めに記事にしたいと思いますので、
AWSに興味がある人もない人も、Azureに興味がある人もぜひお楽しみに。

最後に



明日はAmazon本社に潜入、そしてラスベガスへ向かいます。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS