Azure Web Apps で WAF(Azure Application Gateway) がサポートされたのでやってみた

こんにちは。
コンサルティング & テクノロジー部 の Azureチームの 開發です。

先月、部の定例時にApplicationGatewayのMSドキュメントのFAQを確認していると・・

  

6月に見た時には「現時点では、Azure Web Apps はサポートされていません。」と記載されていたのが
Azure Web Apps などのマルチテナント バックエンドで構成できます。」ってなってるやん・・!

これは、WebApps で WAF(Application Gateway)が使えるようになった事を意味しています。

記載ミスじゃないよね?っと思い、AzurePowerShellのUpdate情報を調べたことろ
Azure PowerShell v4.2.0 リリースから Azure Application Gateway が Azure Web Apps のサポートが追加されていました!

こういう需要の多かったであろうものは、もっと大きく扱ってほしいものですねー。

今まで Application Gatewayのバックエンドプールとして
仮想マシンや、パブリック IP、内部 IP、完全修飾ドメイン名 (FQDN)が対応していましたが
Web Apps はサポートされていませんでした。

ですので、Azure Web AppsでWAFを構築する場合、下記の2点のどちらかの方法になっていたかと思います。

・方法1[ASE]: Azure App Service Environmentの中にAzure Web Apps を作成(料金が月額10万以上...)
・方法2[ModSecuriy]: オープンソースのModSecurityを利用。(別途ルールを追加する必要...) 

そして、今回のアップデートで

・方法3[ApplicationGateway]: Application GatewayのWAF機能で連携(詳細は後述します)

が可能となりました。簡単に導入できるようになったのです!

では早速、既存のWEBアプリケーションの環境(WebApps)にWAFを追加してみましょう。


Read More

ビルドサーバー要らず! Azure App Service が自力でビルド&デプロイ

こんにちは。
コンサルティング & テクノロジー部 Azure チームの茨木です。

今回は Microsoft Azure App Service の環境を利用して、ビルド&デプロイを済ませてしまう方法をご紹介いたします。外部サービスも、ビルド環境の構築も必要ありません。

Read More

プログラミングなしでお手軽な Azure Logic Apps

こんにちは。
コンサルティング & テクノロジー部 Azure チームの吾郷です。

私のお仕事は開発業務を中心にやっているのですが、これから Microsoft Azure を利用したシステム開発を企画しているお客様を対象としたAzure のセミナーの講師もやっています。
今回は、そのセミナーで好感触のサービスである、Azure Logic Apps について紹介します。
多分、プログラミングなしでWebサービスをつなげ合わせたサービスが簡単に作れるところがウケているんじゃないかなって思います。

Logic Apps からは、Microsoft Azure の機械学習系サービスである Cognitive Services も簡単に利用することができるので、
組み合わせて利用するのも面白いですよ。



Read More

最も速く簡単にChainerの環境を構築する方法(Azure Machine Learning)

こんにちは。

コンサルティング&テクノロジー部の上坂です。

みなさんDeep Learningしてますか?Deep LearningはTensorFlowやKerasや、Chainer、CNTKなどがありますが、さぁやってみようと思うとまず環境作るところから始めなければならないのは面倒ですね。

今回ご紹介するのは恐らく?最も速くChainerの実行環境を作成する方法です。

Chainer Banner

ローカルのマシンには何もインストールする必要はありません。

Read More

HoloLensアプリのFPSをノーコーディングで表示する

こんにちは。
コンサルティング&テクノロジー部の酒井です。
もともとはWeb系エンジニアですが、最近はHoloLens担当として活動しています。

PCゲームをされる方にはおなじみかと思いますが、1秒間に描画するコマ数をFPS(Frame Per Second)と呼び、負荷がかかってこの値が下がるとカクカクした動作になってしまい、見た目の印象が悪くなってしまいます。

HoloLensアプリでも安定した表示をするためにFPSを60に保つことが推奨されていますが、様々な操作や視点から見た場合のFPSを計る際には、現在のFPSが常に表示されていると便利です。

そこで、今回はHoloToolkitに含まれるPrefabを使ってFPSを簡単に表示させる方法について説明します。

Read More

ペアプロ経験者がモブプロを実践して感じた反省点

こんにちわ。コンサルティング & テクノロジー部の佐藤です。

初めての投稿です。よろしくお願いいたします。

以前、松永さんが書いたこちらの記事でモブプログラミング(以下、モブプロ)を試みたとの話がありました。 

モブプロって何?という方は松永さんの記事に詳細をまとめておりますので是非一度お読みいただければと思います。


現在ネクストスケープ社内ではモブプロが流行りつつあります。 

私が参加しているSitecoreのプロジェクトでも開発フェーズに入る際にモブプロを実施してみました。

Read More

容量無制限の Cosmos DB でデータがグローバル分散される様子を可視化してみる

こんにちは。

コンサルティング & テクノロジー部の茨木です。

 

Microsoft AzureCosmos DB で遊んでみようと思います。

cosmos image

 

すごいサービスですね。グローバル分散・容量無制限・パフォーマンスSLA・弾力的スケーリングと、まさにクラウドシステムのためにNoSQLを集約したデータベースといった感じです。特徴点が多いサービスですが、今回はグローバル分散にフォーカスして、データが分散されていく様子を可視化してみます。

Read More

Azure関連のMCP資格(MCSA/MCSE)試験 ~2017年版~

こんにちは。
コンサルティング&テクノロジー部の開發です。

最近、社内ではAzure関連のMicrosoft Certified Professional (MCP) 認定資格の合格者が増えております。
Azureを理解する上で、MCP資格試験の勉強をする事はとても有益です。

私自身も昨年「70-533」を受験し合格しましたが、受験をきっかけにAzureを深く理解したおかげで業務に役立てる事が出来ました。昨年、一部資格の条件などに変更があったため、わかりやすいようにMCSEへの道の流れを下記にまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

MCPとは?
マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) 認定とは、業界で評価および認知されている厳正な試験により、IT プロフェッショナルとデベロッパーの技術的な専門知識が検証される資格です。そして、このMCP試験に複数合格することによって、MCSA、MCSEに認定され、さらに高度な専門知識を有していることを証明することができます。

Azure関連のMCP試験

70-532 Developing Microsoft Azure Solutions
70-533 Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions
70-534 Architecting Microsoft Azure Solutions
70-473 Designing and Implementing Cloud Data Platform Solutions
70-475 Designing and Implementing Big Data Analytics Solutions

※随時試験内容が更新されております。


MCSAとは?
MCSAとは、マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト(Microsoft Certified Solutions Associate)の略称で、テクノロジーソリューションを設計および構築できる専門知識を証明できます。そして、下記のMCSEを取得するには、まずMCSAを取得する必要があります。

MCSEとは?
MCSEとは、マイクロソフト認定システムエンジニア(Microsoft Certified Systems Engineer)のことです。
これは、MCP試験受験において、IT技術者としての最上位資格となります!


MCSAやMCSEを目指す流れのパターン(Azure系)


Read More

<<前のエントリー

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS