MWC2014 レポート

こんにちは、坂本です。

ついに、「Mobile World Congress 2014」の1日目が開催されました!

MWC_001

朝8時15分、会場入り口はさほど混み合っていませんでした。

ただ、ここで事前登録ミスがあることが発覚(全然知らない人の名前で登録されていた)
入場が30分ほど遅れてしまいましたがなんとか会場へ入場することができました。

MWC_002

会場のいたるところに「NFC Tap-n-Go Point」という大型液晶があり、
NFCをかざすことでニュースやスケジュールなど様々な情報を得ることができます

MWC_003


LGブースでは曲面ディスプレイに目を引き付けられました。
横から見ると厚さ1ミリもないのではないかという薄さ。

auから発売されたLG G Flex「LGL23」 に、この液晶が搭載されているそうです。
曲面ディスプレイは、メガネ型デバイスや腕時計型デバイス(全面液晶とか)などに取り入れられると面白くなりそうです。

NFCは、決済に焦点をあてた講演が主でした。
日本はFeliCaが普及しているため目新しさを感じることは少ないですが
FeliCaは国際規格、NFCは世界標準規格であるため
日本でも今後NFC決済やサービスが増えていくのだろうと感じました。

MWC_005

そして、18時よりFacebookのCEO マーク・ザッカーバーグ氏の基調講演を見るため
列に並ぼうとしたところ1時間半前でこの人の数…
最後のほうは入場規制がかかって入れない人も大勢いました。

MWC_006

会場は1000人以上は入れるのではないかという広さ。
中央にはステージがあり、左右には巨大なスクリーン。

MWC_004

大きな拍手とともにマーク・ザッカーバーグ氏が入場し、講演は対談形式で始まりました。
マーク・ザッカーバーグ氏は終始早口で映画のイメージそのままの方でした。

Whatsappを購入した話では、Whatsappは190億ドルの価値があり、WhatsappとFacebookは独立したサービスであり続けるが、今後はアクセスを持たせていくことで巨大なビジネスが生まれるという説明でした。
そして、Whatsappは世界中のより多くの人々を繋ぐために役立ちますということを言っていました。

スパイ疑惑の質問では、会場に笑いがおこり、
インターネット企業は信頼が最も大切という説明が印象的でした。

また、インターネット·アクセスのコストを削減するために3つの重要な側面があると述べていました。
1. インターネット基盤のコストを減少する
2. データ効率を高める
3. アップセルの効率を増大する

マーク・ザッカーバーグ氏は「世界を繋げたい」というビジョンがあり、
その思いから実現されたinternet.orgのスピーチがとても印象的でした。
internet.orgは、世界の50億の人々にインターネットアクセスを提供するために、その原則を目指しているということでした。

■internet.org

http://internet.org/

1日目非常に勉強になりました。
また明日も楽しみです。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS