StorSimpleの重要なアップデート

StorSimpleについてのとても重要なアップデートがアナウンスされています。

引用元ブログ見出し

http://azure.microsoft.com/blog/2015/05/27/announcing-storsimple-update-1-0-availability-in-azure-government-support-for-other-clouds-zrs-and-migration-from-50007000-series/

見出しの英文だけですと、新しい機能が追加されただけのように見えますが、一番最後に爆弾があります。


とはいえ、慌てずに頭からアップデート内容を見ていきましょう。

・Availability in Azure Government

Azureガバメントでの可用性って言われても、Azureガバメントってなんですか?と思うのも無理はありません。
アメリカの連邦政府、地方自治体専用のAzureプラットフォームのことです。

AzureGovernmentの画像

http://azure.microsoft.com/ja-jp/features/gov/

日本政府は利用できるんでしょうかね・・・。よくわかりませんけども。とにかくこのAzureガバメントでStorSimpleが使えるようになりました、というアナウンスです。

・Certifications

続いては認可です。といっても、新しく認可された、という話しです。Federal Information Processing Standard – FIPS 140-2というものにStorSimpleが認可されました、という話しで、とってもセンシティブな情報がしっかり保護されていますね、ということを証明するもので、この認可を受けていることがアメリカとカナダの政府にとっては重要だそうです。

・Other Clouds

さて、ここからが本番です。StorSimpleはMicrosoftの製品ですが、それがなんとAzure以外のクラウドをサポートすることになりました。

その他のクラウドのストレージ選択画面

ご覧のとおり、Azure以外だと

  • Amazon S3
  • Amazon S3 with RRS
  • HPCloud
  • OpenStack

が選べるようになっています。・・・とはいえ、元々StorSimpleはAzure専用ではなかったものをMicrosoftが買収したものなので、元に戻った、とも言えなくはないのですが、これまでのMicrosoftなら他社製品をサポートするなんてあり得なかったことなので、ここ最近の積極的な他社製品とのコラボレーションをここでも見ることができますね。

・Zone Redundant Storage (ZRS)

StorSimpleのデータバックアップ先であるAzureのStorageのレプリケーション種類にZRSが増えました。今まではLRS(同一DC内のみ)かGRS(セカンダリリージョンとの冗長化)だけでしたが、LRSだとちょっと不安、でもGRSは高い・・・という悩みがよくありますが、その間をとるのがZRSなので、これでコストダウンしつつもデータが保全できるようになります。

・Migration from 5000/7000 series

待ってました!StorSimple 5000/7000シリーズから8000シリーズへの移行ツールキットが提供されます!

・Enhanced initial deployment and update experience

初期導入時のトラブルを少なくするために、ネットワーク設定とファイアウォール設定が正しいかどうかを簡易的にチェックするコマンドの提供をします。

・Update to latest Microsoft Azure Storage API

そして、最後がこちらです。最新のAzure Storage APIに対応しました、という情報なのですが、この情報、ただの更新情報じゃないのです。一番最後にこんなことが書いてあります。

「現在StorSimple8000シリーズで使用されている Azure Storage の APIは、2015年12月9日にて非推奨になります。詳しくはこちら。Update 1は、最新のStorage APIへのアップグレードが含まれています。2015年12月9日までに Update 1の提供することはとても重要です。この日以降、StorSimpleが正しく機能することを止めてしまうことで失敗します。」

上坂の超訳なので、ちょっと違ってもニュアンスが合ってたらお許しいただくとして。8000シリーズを使用している場合はこのUpdate1の適用は必須であることがわかります。
でないと、動かなくなってしまうわけですから。こんな重要なアップデートはもっと大きく報じていただきたいものです!

というわけで、StorSimple8000シリーズを導入されている会社様は漏れなくアップデートしてください!


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS