Azure Bot ServiceとLUIS(Language Understanding intelligent service)が待望のGA(一般提供開始)しました。

こんにちは。コンサルティング&テクノロジー部の松永です。

この記事はCogbot! Advent Calendarの14日目の記事です。

実は別の記事を書く予定でしたが、Azure Bot ServiceとLUISがGAしましたので、そちらを試してみました。


Azure Bot Service



AzureポータルからBotで検索すると、2種類でてくるようになりました。

  • 「Web App Bot」はAzure WebAppにホストされるBotです。
  • 「Functions Bot」はAzure FunctionsにホストされるBotです。

それぞれ料金体系が異なりますので、どちらかを選択してからBotを作成します。

Botの作成


Botの作成ボタンを押したら、必要事項を記入していきます。

ボットテンプレートでは、作りたいBotのテンプレートを選択することで自動的にその用途に合ったBotのひな型が作成されます。

ただ、ドキュメントには「Question and Answer」のテンプレートも含めた5種類とありますが、

2017年12月14日現在、私のポータルからは4種類のみ選択可能となっています。

価格は2種類が選択できます。

F0 (Free Tier: 無償プラン):DirectLine および WebChat : ~ 10000 メッセージ/月
S1 (Standard Tier: 有償プラン):DirectLine および WebChat : 1000 メッセージ/月あたり51円。

※価格は変動します。

詳しい価格は以下を参照してください。

Azure Bot Service の価格

またGAしたことで、SLAが99.9%となり、Azureサポート対応になりました。(有償プランのみ)


LUIS


LUISもAzure Bot Serviceと合わせて待望のGAとなりました。

LUISはurlはそのままですが、UIが大きく変わりました。

ただ機能自体は大きく変わっているわけではありませんので、以前からLUISを使っている方は、すぐに使えるかと思います。

尚、Azure Bot Serviceから、LUISのテンプレートを作成した場合、LUISにアプリが連携して登録されています。

今回GAにあたり、Intentが500、Entityが100まで作成することが可能となりました。

価格は2種類が選択できます。

F0 (Free Tier: 無償プラン):~ 10000 トランザクション/月
S0 (Standard Tier: 有償プラン):最大50トランザクション/秒 1000トランザクションあたり~153円程度。

※価格は変動します。

詳しい価格は以下を参照ください。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/cognitive-services/language-understanding-intelligent-services/


最後に



Azure Bot ServiceとLUISがGAしたことで、チャットボットサービスを開発できる土台ができたと思います。

チャットボットはAI関連の機能を取り込みやすいUIですので、AIが盛り上がるいま、同時にチャットボットサービスも盛り上がりを見せるかなと思いますので、これから面白いBotをいろいろと作っていければと思います。

参考サイト:

Cognitive Services LUIS & Azure Bot Service 一般提供開始

Announcing the General Availability of Azure Bot Service and Language Understanding, enabling developers to build better conversational bots


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS