Sitecore 8.0 以降のバージョンでデベロッパーセンターを使う

こんにちは。Sitecore MVP の長沢です。
この記事は「ネクストスケープ クラウド事業本部 Advent Calendar 2017」の 16日目 の記事です。
今日は、Sitecore 7.5 以前のバージョンで使用できたデベロッパーセンターについての小ネタです。



普段、Sitecore を使っていると、特定のアイテムを探したいといったケースが良くあります。
そういった場合、バージョン 7.5 までは、スタートメニューの「開発ツール」から「デベロッパーセンター」を起動し、そこから「XPath ビルダー」を使って Sitecore クエリを実行していたのですが、残念ながら 8.0 以降は、このデベロッパーセンターがスタートメニューから消えてしまいました。
因みにこの画面のことです。




しかし、実は 8.0 以降のバージョンでも、下記の URL を直接たたくことで、XPath ビルダーを起動することができるようです。

http://<hostname>/sitecore/shell/default.aspx?xmlcontrol=IDE.XPath.Builder
※ 8.0 から 8.2 までの環境で上記の URL が使えることを確認しています。

もちろん、スタートメニューから辿れなくなったということは、正式にはサポートされていないということだと思うので、出力された結果については注意が必要ですが、ちょっとアイテムを探したい時などに使えると便利ですよね。
ぜひご参考にしてみてください。


ところで、季節はもう冬になろうとしています。
つい先日までは、風景の主役は赤や黄色に染まった木でしたが、今ではイルミネーションのライトに変わりつつあります。
私は、秋の雰囲気がとても好きなので、季節が変わってゆくのは少し残念な気もします。

クリスマスはもうすぐですね。
それでは明日の記事もお楽しみに。

ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS