Visual Studio11 LightSwitch(Beta)

こんにちは。青木です。

Visual Studio11ベータ版とともに、LightSwitchの最新版が公開されています。

昨夏にバージョン1であるLightSwith2011が公開されたばかりですが、はやくもバージョンアップ版のベータが提供されています。

詳細は、LightSwitchチームのブログで説明されています。VS11のヘルプ新しいフォーラムも公開されています。

主な変更点は、

  • バグフィックス
  • 機能拡張
  • V1で対応できなかったシナリオへの対応

です。

機能拡張における注目はODataへの対応です。ODataをデータソースとしたり、ODataで公開したりできるようです。OData形式にてデータ公開することで、PowerPivotから分析したり可視化したりできます。またAzure+ODataでデータを公開し、Windows8 Metroクライアントから参照するようなシナリオも可能になります。

VS11 LightSwitchでODataをデータソースとして利用1


VS11 LightSwitchでODataをデータソースとして利用2

外部データへのリレーションシップ設定、ActiveDirectoryのユーザーロール統合といった点も改善されるようです。

Visual Studio 11をインストールしたらLightSwitchも要チェックです。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS

著者

青木淳夫です。
.NETとアジャイルと散歩が好きなエンジニアです。
「aoki」さんの全ポストを読む