Azure エンタープライズ契約 (EA) の各管理者をまとめてみた

Microsoft Azureを運用する中で多くの管理者が出てきます。これは非常にわかりにくいところがありましたので、今回まとめてみました。


各管理者の関係性と種類



各管理者の関係性や種類は次の通りです。

管理者の種類
種類 役割 複数登録 管理ポータル
エンタープライズ管理者 EA契約全体の管理者。アカウント管理者を管理可能。 EAポータル
アカウント管理者 サブスクリプションとサービス管理者を管理可能。Microsoft Azure の各サービスを利用するための権限なし。 EAポータル
サービス管理者 Microsoft Azure の各サービスを利用するための管理者。共同管理者の管理が可能。 不可(サブスクリプション毎に1アカウント) Azureポータル
共同管理者 Microsoft Azure の各サービスを利用するための管理者。共同管理者の管理が可能。 可(サブスクリプション毎) Azureポータル

管理者の種類によって管理ポータルが異なり、エンタープライズ管理者/アカウント管理者が[EAポータル]で作業を行い、その他は[Azureポータル]で作業を行うことになります。この管理者の仕組みがややこしくしている要因の一つですので、正確に理解をしたいものです。

なお、本来であればエンタープライズ管理者の直下には「部署管理者」という管理者も存在するようですが、あまり使用する機会がないため省略して記載しています。詳しくは、こちらを参照ください。

備考



各ポータルは次のリンク先からアクセスできます。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS