Visual Studio Code と Web Appの完全な適合

こんにちは、上坂です。
Build 2015の発表には様々なびっくりするものがありましたが、その1つがVisual Studio Codeだったと思います。

Mac, Linux上で稼働する(もちろんWindowsでも!)コードがメインのIDEがなんと無料でリリースされるということで、このところのMicrosoftの本気度はすごいものがありますね。
こちらの公式サイトではASP.NETやjavaScript、node.jsをインテリセンスを用いて編集する様子が動画で見ることができます。


このVisual Studio Codeを用いた実装結果のデプロイ方法の1つとして、Gitへプッシュ、GitをAzure の Web App を同期させるやり方があります。
具体的な方法がこちらで丁寧に解説されています。

Web AppとGitとの同期は、Azure管理ポータルで行うのが通常ですが、解説ページでは Azure CLI と呼ばれるクロスプラットフォーム コマンド ライン インターフェイスによるやり方が紹介されています。

Azureの管理というとあぁPowerShellかーと思ってしまいますが、Windowsマシン以外でAzureの管理をスクリプトで行いたい場合にはこの Azure CLI を用いることになるかと思います。いやーこんなものあるんですね。近いうちに色々いじってみたいと思います。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS