カイゼン委員会の座談会を開催しました

こんにちは。本夛です。

弊社では、職場環境や業務効率の向上を目指して、カイゼン委員会という取り込みを行っています。今回、その一環として2015年12月16日に開催された座談会の模様をレポートします。


まずは意見集め



カイゼン委員会は、「職場環境や問題点を洗い出し、働きやすい、よりよい職場作りを行う」ことを目的としています。 では、何をカイゼンするにも、カイゼンする事柄がないと始まりませんので、まずは意見集めが必要ということで検討しました。 いくつか候補が上がった中で、まずはざっくばらんに意見を言い合う「座談会」を開催することになりました。



食欲に勝るものはない



座談会を開催するにあたっての最大の課題は、どうれすば現場の社員の率直な意見を聞き出すことができるかということでした。 いろいろ考えた結果、人間の三大欲求の一つである「食欲」に訴え、リラックスできる環境を作ろうということになりました。

せっかくであれば、おいしい食べ物を用意するべく、女性が大好きなスイーツ推しでやってみることになりました。 そこで、会社の近くでおススメのスイーツがないかとGoogle先生に質問をしたところ、目を引くスイーツがあるではありませんか。

そのスイーツは、「飲み物が要らないしっとり感」というキャッチコピーの『治一郎の「バームクーヘン」』です。

バームクーヘンであれば好きな人も多いはずなので、部署内に意見を募ったところ賛同の嵐がおき、電話予約をして当日を迎えることになりました。




想定を超える白熱した90分



蓋を開けてみると、想定を上回る14名の方が参加されました。

一言物申したい方が多かったのか、バームクーヘンに惹かれたのかは定かではありませんが、 ブレスト形式の座談会だったおけげもあり、スタートから白熱した意見が出てきました。私も思いつかなかった意見もあり、まさに目から鱗でした。

また、普段関わりのない社員の方も多いのですが、意見交換をする中で意外な一面を知ることができ、意外とコミュニケーションがとれたことは思わぬ収穫でした。




ようやくスタートラインに立った



翌日、座談会の貴重な意見を整理を行い、当初15件の意見を目標に掲げていましたが、なんと46件も出てきたではありませんか。

一人ではここまで上げることはできませんので、とてもありがたいことです。 今後は、この意見を参考に優先順位を決めて、カイゼンを実施していくことになります。

不定期にはなりますが、今後もカイゼン委員会のレポートを行っていきます。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS