GASにさわってみよう!

GASにさわってみよう!

00


この記事は、NEXTSCAPE クラウドインテグレーション事業本部 Advent Calendar 2018 12月23日の記事です。

こんにちは!最近会社に同世代が増えてうれしい牧野です!
今回はGoogle Apps Script(通称GAS)を利用してチャットワークに通知を送る方法を書きます。

GASは開発環境は不要で、無料で利用できるのでプログラム初学者でもとっつきやすいです。
またGoogle関連サービスと連携することができGmailに届いたメールを
外部サービス(今回はチャットワーク)に連携するなどでき使い方は様々!

今回読んでくれた方が、「結構簡単にできるし、いろいろ業務にもすぐ応用できそうだな」と思っていただけたら幸いです。

では実際に手を動かしてみましょう
※チャットワークのトークンとルームIDは事前に用意しておいてください


1.プロジェクトを作成
とっても簡単です!
スプレッドシートのツールからスクリプトエディタを選択!

01



2.チャットワークに送信する部分を作ります

function sendChatWork(Body){
  var token ='トークン';
  var roomID ='ルームID';
       var params = {
               headers : {"X-ChatWorkToken" : token},
               method : "post",
               payload : {
                    body : Body
               }
        };
 
     var url = "https://api.chatwork.com/v2/rooms/" + roomID + "/messages";
     UrlFetchApp.fetch(url, params);
}



3.実行するメソッドから呼び出す

function myFunction() {
      var body = 'チャットワークに送るよ!';
      sendChatWork(body);  
}


4.関数を実行します!

初回の実行の場合は承認が必要になります

02


5.チャットワークに送られます!

03



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS