AWS re:Invent 2018 現地レポート No.2-Monday night liveレポート-

皆さん、こんにちは。コンシューマサービスグループの宮部です。
第1回目に引き続き、AWS re:Invent 2018 の様子をお伝えします!
第2回目は、毎年恒例の基調講演であるMondayNightLiveの模様についてレポートいたします!

毎年恒例の基調講演。
今回は月曜に開催されるので、MondayNightLiveの名称がついています。
(去年は火曜だったので、TusedayNightLiveという名称だったそうです。)
このセッションでは、毎年新サービスの発表があり、re:Inventの中でも注目度の高いセッションとなっています。
今年も例に漏れず多数の新サービスの発表がありました!


会場の雰囲気について



新サービスの前にまずは会場の情報や雰囲気などについてレポートしていきます。

会場は、カジノで有名なベネチアンホテル(The Venetian Las Vegas)。
華やかなカジノを通り抜け、セッションの会場に向かいます。
ベネチアンのカジノ

会場はre:Inventらしく、バンドの生演奏が大音量で流れています。
待機時間も退屈させないあたりは、さすがre:Inventという感じでしたね。
MondayNightLiveのバンド生演奏

MondayNightLiveのデモムービーもありました。
なんとなく会場の雰囲気が伝わるのではないかと思います!


同時翻訳サービスについて



基調講演のみ、同時翻訳のサービスがあります。
先着順で専用のレシーバーを受け取れます。
チャンネルを切り替えることで、韓国語や中国語も聞けるようでした。
同時翻訳のレシーバー
途中電波が悪く、ノイズが入ることもありましたが、おおむね明瞭に聞こえたかと思います。


さて、肝心の内容の方ですが、今回もたくさんの発表がありました!
情報の密度が濃く、ついていくだけで大変です。

インフラへの投資状況について



まずは、インフラへの投資状況の説明。
新たに5リージョン追加されたようです。
新しいリージョン


新しい低コストのケーブルを開発したなんて話もありました。
1つのケーブルに従来の2倍のファイバーを入れることができるとか。
AWSのさらなるコスト低下が進みそうですね。

インフラ関連の新サービスでは以下のようなものがありました。
・AWSGlobalAcceralater
・AWSTransitGateway


リアルタイム性担保のためのサービス発表



中盤は、オンラインゲームなどのリアルタイム性を担保するためのサービスについて。
高速処理を得意とする以下の新サービスが発表されました。

・z1dインスタンス
シングルスレッドの高速処理に特化したインスタンス。

・A1インスタンス
AWSが独自開発したGravitonProcessorと呼ばれる高速処理用のCPUを搭載したインスタンス。

AWSをインフラとするゲームといえばフォートナイト。
ということで、フォートナイトのディレクターが登壇しAWSとフォートナイトの今後の展望について講演。
新しいゲームモードのデモも流されました。



機械学習、分析関連のサービス発表



そして最後は機械学習、分析関連の新サービスの発表がありました。

・c5nインスタンス
従来のc5インスタンスの約4倍にもなる100gbpsのネットワーク帯域を提供します。

・SageMakerNeo
SageMakerの新版になります。
一度モデルを学習させるとそれをどのプラットフォームでも使用できるとのことです。
また、今後はオープンソース化も考えており、機械学習モデルの可搬性の向上に期待が高まります。


以上、簡単ではありますが、MondayNightLiveの模様をお伝えしました!
今後も基調講演は予定されているので、順次レポートを上げていく予定です!

reinventの様子


ネクストスケープ企業サイトへ

NEXTSCAPE

検索する

タグ

メタデータ

投稿のRSS